中性脂肪、増えました?

なかよしやっきょくさんの写真

暖かい冬ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。今年は暑い夏、温かい冬、と言われていますが、今週末から寒くなるようですね。風邪の患者さんが多くなりませんように。

写真は薬局から西を見た風景です。いつももっと色のはっきりした紅葉が見えてうつくしいのですが、今年はなんだか茶色いだけの紅葉。お天気がおかしいからでしょうかね?

最近薬局では中性脂肪のお薬が新たに処方される患者様が増えているように思います。皆さん中性脂肪が上がってきたのかな?

お話聞いていると、「体重が増えた」と言われる方が多いです。続けて、「油もんを控えたらええんじゃろう」と言われますが、中性脂肪って、油もので増えるのでしょうか?

食べ物から出てくるブドウ糖はインスリンの働きで血液の中から各細胞内に取り込まれます。細胞の中に入ったブドウ糖がすぐにエネルギーに変わればいいのですが、もし、そのままどんどんたまって行ったら、細胞の中はブドウ糖だらけになってしまいます。そこで生まれるのが、中性脂肪。実は中性脂肪のもとは糖類なのです。糖類はどこから出てくるかというと、果物や甘いもの、それから麺類、パン、ご飯などの炭水化物からたくさんできます。

ですから、油ものより、まずは炭水化物や甘いものを見直してはいかがでしょうか。もちろん油ものの摂りすぎで、太ってしまったり、中性脂肪が増えたりしますが、それよりも早く炭水化物は皆さんの体を太らせます。とくに、精製された白い小麦粉製品は気を付けてください。繊維質をしっかり摂って、そのあとで食べるとずいぶん血糖値の上昇が抑えられるようですから、「食べる順番ダイエット」で、野菜、肉、炭水化物の順で食べられるといいと思います。

冬太りしないために、おなかがすいたときは、まず、繊維が多いものを食べてから、しっかり他のものを食べましょう。

Comments are closed.