秋風邪に注意

なかよしやっきょくさんの写真

秋とは言え台風の影響で相変わらず暑い、9月中旬となっております。暑さ寒さも彼岸までということで、秋分の日を楽しみに過ごすことにしましょう。おかげさまで薬局のゴーヤのグリーンカーテンは相変わらず元気で、まだ5・6個の実をぶら下げています。昨日、窓を内側から見ると、前に見た時よりかなり成長したヤモリがぺったりとくっついていました。今朝にはつがいで薬局の中に侵入していて、薬局スタッフにやさしく外に連れ出されていました。手を大きく開いて、しがみついている姿は可愛らしいですね。苦手な方、ごめんなさい。
さて、東京のほうではすでにインフルエンザによる学級閉鎖が出たとのこと、早いですね。皆さんの身の回りは、咳をしている人が多くありませんか?
私の息子はのどが痛いと言っておりますし、薬局にも風邪の患者様がちらほらやってくるようになりました。そんな私も疲れがたまると咳が出ます。
秋風邪というのは夏風邪と同じように割と長引くそうです。日中はとても暑いので疲れがたまってしまうのでしょうね。体力が低下するとウイルスはなかなか減りませんので、体力の回復に努めましょう。よく眠ることが第一ですが、体を冷やさないように、できるだけ温かいものを飲食するようにしてください。
今は台風の影響で空気が湿気を含んでいるところもあると思いますが、基本的に秋には空気が乾燥してきます。日中湿度が高くても気温が下がる夜には結露となって流れていきますので、次の日中は相対湿度が前日に比べると下がります。空気が乾燥するときはウイルスが元気になるときです。
逆に湿度が下がると人の粘膜は乾燥して、バリア機能が下がってしまいます。ウイルスが入ってきやすい状況を作ってしまうため、風邪やインフルエンザに感染しやすくなるのですね。皆さんがお疲れになって空気が感染してきているこの時期、インフルエンザが流行しだすと厄介です。
秋風邪、体力低下に気を付けて、無理しないようにお過ごしくださいね。

Comments are closed.