夏の終わり。夏の疲れ。

なかよしやっきょくさんの写真

日中は暑いですがもう秋ですね。8月最終日、宿題に追われる子どもたちをよそに、私は空を見上げて秋らしい雲を見るのが好きです。天高く、馬肥ゆる秋。すがすがしい気持ちになります。
ところで、今年の夏はとても暑い夏でした。今日も「いつまでもあちいなあ」と言って帰られる患者様もちらほら。異常に暑い夏を過ごすとお盆明けから夏バテが始まります。夏バテは夏の疲れと、朝夕の温度差で自律神経が追い付かなくなることで起こります。
疲れという形で免疫力が落ちるとウイルスや菌に感染しやすくなり、夏かぜになったり、膀胱炎になったりします。また、疲れが取れていないと熱中症になりやすくなることもあります。胃を悪くしてしまう方もこの時期多いです。
夜になると気温が下がるこの時期、体が冷えるとさらに免疫力が低下するので、夜にはちゃんと毛布などを準備してお休みくださいね。窓の開閉はこまめに。
熱中症はいろんな形で現れます。頭痛、だるさ、そして足がつる、こむら返りなどの筋肉のけいれん。明け方のこむら返りはとても痛いですよね。なかよし薬局ではまだ経口補水液のOS-1が良く売れていきます。
熱中症に必要なものは水分とミネラル。筋肉伸縮運動に必要なカルシウム、マグネシウムや亜鉛などのミネラルを、塩以外にも摂るように気を付けましょう。海藻や貝類などの海のものを取られるのが一番いいですが、にがりの入った塩を使ったり、地中のミネラルをしっかり吸い上げた、野草などを取り入れられるのもいいと思います。
しっかり睡眠をとって疲れをいやして、これから始まる、スポーツ、食欲、読書などの楽しい秋に備えてください。

Comments are closed.