Archive for お薬に関するつぶやき

お尻の痛い話

なかよしやっきょくさんの写真

写真は八重のドクダミです。かわいいですね~。薬局のスタッフのおうちに生えているのを切ってきてくれました。早速花瓶に入れて飾ります。

そんなにかわいいどくだみの花は、見た目にそぐわず、すごい匂いがあります。皆さんご存知ですよね。八重も同じなのですが…。実はそのにおいの正体は「殺菌成分」。怪我したときにその汁を塗り付けると抗菌効果を発揮して化膿しにくくなります。

そして、このタイトルにある、お尻が痛くなる病気、つまり痔にも使われるのですね。長時間煎じた液を塗るとすぐよくなるらしいですよ。ドクダミは十薬とも言いますが、10種の効果を持つすごい薬なのです。便秘も改善するし、化膿症にも良いし、デトックスにもなりますし…。というわけで、今日はお尻の、痔の話をしたいと思います。

実はこの季節、痔の患者様が増えます。なぜでしょう。皆さん、なんだか最近お腹の調子がくるってませんか?世の中は雨が多くて湿気ている。また、お天気のいい日は汗を沢山かいてしまう。お腹の中の水分バランスが崩れやすい季節なのでしょう。汗を沢山かいたら体から水分が抜け落ちてしまって、便からも水分がなくなるから固くなる。また、逆に周りが水分一杯だから、腸の中にもいっぱい。また梅雨時で冷えると下痢してしまう。この、便秘や下痢が痔の原因になるのです。この時期は、冷たくない水分をしっかりとって体から水分が抜けないようにしましょう。お腹を冷やさないように、気を付けてくださいね。

肛門の中がうっ血して、そこが出血してしまうことがあります。内核痔の、切れ痔になるのですが、それは、お薬だけで治るみたいです。しかし、そのうっ血した腫れがどんどん大きくなってきて、外にはみ出してしまったら、手術しないと治らないみたいですね。でも生活に支障をきたさないのだったら、そのまま、お薬を使いながら、仲良く痔と暮らすこともできるみたいです。痛かったり出血がひどい場合は、お医者さんと相談してくださいね。

トイレに座る時間が長い人、水分をあまりとらない人、朝ご飯を食べない人、仕事が同じ体勢でいる事が多い人、お風呂はシャワーだけの人、などは、痔になりやすいそうですよ。思い当たりませんか?3人に1人は痔だと言われる世の中、恥ずかしがらずに、相談してくださいね。

健康セミナーやってます

なかよしやっきょくさんの写真ご存知の方も多いと思うのですが、なかよし薬局ではヘルシーセミナーを頻繁に行っています。街なかのカフェで、だいたい第3火曜の夜19:30~行います。時々総集編を土曜や日曜の昼間に行っております。(こちらを見てくださいね)

写真はその時の様子です。最近は、「漢方講座」が始まり、中医師(中国漢方の医師)の免許を持っておられる薬学生に解説してもらったり、7月20日には「薬草講座」として、美作の植物・薬草の専門家に来てもらってお話してもらったり、私も力を入れたかった「女性の健康サポートゼミ」として、6月29日から、更年期をはじめとした女性の体のケアの仕方についての講座が始まります。

もともと、こういう講座を持ちたいという思いを持って薬局の仕事をしていたのですが、きっかけとなったのは、周りの方からの問い合わせです。「テレビで○○って言ってたけど、どういうこと?」という同じ質問を、複数の友人、知人から受けることがありました。それで「もしかしたら、みんな聞きたいと思っている内容なのかも」と思って、親しいカフェ「Cafe B-style」のオーナーに相談し、快諾してもらって、実現したのが最初です。

皆さんご存知の通り、労働者人口は減少の一途、日本の借金は膨らむばかり、医療費、介護費は膨大になりすぎています。この先、高齢者の医療や介護、誰がその労力を担い、費用はいったい誰が負担するのでしょうか。それを考えたときに、一番大切なのは、「国民みんなが健康でいる事」だと、私たちは思います。医療も介護も必要なく、最後の一瞬、皆さんのお世話になって、一生を終える。これが理想ではないでしょうか。

そのために、私はどうやったら病気にならないのか、どうやったら今の病気が重症化しないのか、どうやったら健やかに過ごせるのか、について学び、皆さんにお伝えしていきたいと考えています。手提げ一杯のお薬を持って帰る患者様の姿を見るといつも心が痛みます。お薬が多ければ多いほどリスクも多いです。そして自己負担のお金、健康保険からのみんなのお金もかかります。薬を減らしたい、みんなを元気にしたい、という気持ちで行っているセミナー、ぜひご参加ください。時間や場所が難しければ、公民館、施設等どこでも出張いたしますので、お呼びくださいね。

食べ物の大切さ

なかよしやっきょくさんの写真

写真はこの前の土曜の午後に訪れた、倉敷のお寺でたくさん咲いていたアザミです。アザミは華やかな野草で、たくさんの種類があり、ヨーロッパでもよくみられます。アーティチョークというお野菜をご存知でしょうか。それもアザミの一種の巨大なつぼみなのです。アザミは婦人科の不調に使われたり、成分が肝臓の薬になったりするそうです。根っこをきんぴらにしたり、葉っぱを火であぶってから炒め物に使ったり。いろいろできます。

さて、このお寺では、自主上映の映画の上映会があり、それを鑑賞しに行ってきました。何の映画だったかというと、「いただきます」というタイトルの、福岡の、とある保育園のドキュメンタリーです。給食にとても力を入れていて、無農薬野菜、無農薬のお米を使い、年長さんのクラスのみんなが、自分たちで保育園全体のお味噌を作ります。その量、毎月100kg。実は、これは、普通の街なかにある認可の保育園です。

玄米、お味噌汁。これは毎日必ず使用されるメニューで、肉、卵、牛乳は全く使用せず、タンパク質は納豆などの豆類、もしくは魚で補います。それを始めた先生は、86歳まで園長を続け、園長を交代しても、約40年続けているという保育園です。アトピーなどのアレルギーで悩む子どもたちが入園すると、半年でだいたい改善するという不思議な保育園。

ここでは、赤ちゃんは離乳食からお味噌汁を飲むようになるのですが、映画では、息継ぎをほとんどせずに、ぐびぐび飲み干します。体が要求する飲み物であるかのようにすごい勢いで吸い込んでいきます。

大きな子どもたちの外遊びは結構激しく、急な山の斜面を、木の根っこの隆起を足掛かりにみんなで登ります。体を一杯動かした後の給食、お腹ペコペコで、がつがつ食べて、全員ほとんど残飯ゼロ。考えてみてください。皆さんのご家庭で、いま、お子さまに同じメニューを出して、残飯ゼロにできるでしょうか。

その保育園の子どもたちは、健康体で、インフルエンザが流行しているときも、学級閉鎖なし。これが食べ物の力です。生きる力を身に付けて、元気に小学校へ進学していきます。自分の家の食事を振り返って、子どもたちが小さい時、どうだったかな、と考えさせられる映画でした。皆様にも、ぜひ見て頂きたい映画でした。

かかりつけ薬局、かかりつけにできない?

なかよしやっきょくさんの写真

朝の水やりをしておりますと、何やら足元の草の中で動くものが…。よく見ると小さな殿様バッタでした。

物陰に隠れているところを写真に撮ってみました。3cmほどの大きさですが、形が間違いないですので、小さくても殿様。

薬局の周りは精霊バッタを毎年もう少し暑い時期によく見ますが、殿様バッタはまれです。カエルもアマガエルばかりで、殿様ガエルを見ることはあまりありません。さらに山に入ると、殿様バッタも、殿様ガエルもよく見かけますけれど。皆様の周りではいかがでしょうか?

さて、皆様、今の世の中「かかりつけ薬局、かかりつけ薬剤師、かかりつけ医を持ちましょう」と言われると思います。それは、自分の事をよく知っている、信頼できる薬局やお医者様を見つけて、何か少し気になることがあれば何でもそのお医者さんや薬剤師に相談し、必要であれば専門医を紹介してもらってそちらで受診し、さらに、処方せんが出たら、かかりつけ薬局に持って行って、飲み合わせのチェックや体質に合ったものかどうかチェックしてもらいましょう。と、いうものです。私はそれには賛成ですし、私をかかりつけ薬剤師にしてもらえると嬉しいのですが、残念ながらかかりつけ薬剤師はさほど普及していません。

それはとても理想的なアイデアなのですが、数か所の病院に日常的に通っている人が、病院の目の前の薬局ではなく、かかりつけの薬局に処方箋を持って行っても、そのお薬がない場合が往々にしてあります。後で配達や郵送してもらったり、改めて取りに行くのが面倒になります。それから、車の運転をしない人は、かかりつけ薬局に行こうとしても、バスの乗り継ぎが大変だったり、タクシー代が余分にかかったりします。それが、かかりつけ薬局を持つことを困難にしていると思います。

しかし、かかりつけの方が安心なのは間違いないです。もし、薬局をかかりつけにしようと思ったら、その旨をその薬局に伝え、「○○という薬と○○という薬をいつも飲んでいるから準備してほしい」と伝えておくと、その薬局も皆さんのために薬をあらかじめ準備することができます。それで、処方せんをお医者さんが出されたときに、FAXや、スマートフォンアプリ電子お薬手帳の「処方せん画像送信」ボタンでかかりつけ薬局に送信しておくと、取りに行ったときには準備ができていたり、準備ができたものを配達してもらったりできますので、ぜひご利用ください。

どのタイミングで病院に行ったらいい?

なかよしやっきょくさんの写真

お久しぶりの投稿となり、申し訳ございません。
春は芽吹きの季節、野草のイベントをばたばたとこなしておりまして、こちらの投稿がおろそかになっておりました。
ゴールデンウイークが終わり、雨の休み明けの7日と8日は、患者様が沢山お越しでした。中には5月病かな、と思うような、ちょっと気分的にも落ち込まれた方も多くお見受けしたように思います。かくいう私も休み中にサボりすぎまして、週明けの雨も加わって、少々どんよりしておりました。お休み中には何度か患者様からご連絡いただいて、薬局にまいりましたが、よく遊ばせていただきました。

写真は岡山県西粟倉村の大茅オートキャンプ場のものです。新緑がとてもきれいで、癒されました。自然の中で食べるご飯(ヤブニンジン、スミレ、タネツケバナ等の野草も拝借していただきましたが)本当においしかったです。皆様のお休みはいかがだったでしょうか?

お休み明けには、「連休前からけがをしていたが、様子を見ていた。どんどん腫れてきて受診した。」とか、「風邪を引いたので、市販の薬を飲んでいた。でも全然治らないから受診したら熱が39℃もあった。」という患者様が多くいらっしゃいました。

少々のけがや風邪は、わざわざ病院に行かなくてもご自分のケアで治るのですが、時々そうではないことがあります。先生に、「もっと早く来ればよかったのに。」と言われてしまうと、「次からちょっとしたことでも病院に行かないといけないのかな。」と思ってしまうかもしれません。しかし「コンビニ受診」は避けたいところ。私としてもその見極めはとても難しいと思います。軽い症状でも病院に行った方がいい方は、抗がん剤やステロイドなどを飲んでいる方、人工透析を受けておられる方、重症の糖尿病を患っておられる方などだと思います。普段元気な方で、軽いけがであったとしても、けがしたところが腫れている場合、とげなどが体に残っている場合、さびた金属でケガをしたときなどは受診したほうがいいと思います。風邪の症状としては熱が40度を超えているとき、汗や尿が出ない状態の時、呼吸音がヒューヒューいうときは受診をお勧めします。

いずれにせよ、怪我をしたとき、風邪の引きはじめの対応が大事だと思いますので、すぐ消毒をする、ちゃんと休養を取る、この二点を守っていただけたら、重症化は避けられると思いますので、皆様、お気を付けください。

今どきの点鼻薬の話

なかよしやっきょくさんの写真写真は皆さんの身近にも結構生えていると思われる草です。小さな水色の花を付ける、「キュウリソウ」です。花の大きさは3mmくらいで写真で見ると大きく見えるかもしれませんが、可憐な小さな花です。

この植物は実は食べられます。きゅうりのようなにおいがすることからキュウリソウと呼ばれていますが、見た目と裏腹に、相当、濃い味がします。一度かじってみてくださいね♪

さて、そろそろ花粉も終わる頃なのですが、まだまだアレルギー性鼻炎の患者様が多いです。黄砂も飛んでますので、それのせいかもしれませんね。

アレルギーの点鼻薬(鼻の穴にスプレーする薬)は、昔は調子が悪くなったらスプレーするものが多かったと思います。しかし今は、毎日、決まった時間に一日1回または2回点鼻するようになっているものが多いです。

昔の点鼻薬は血管などを収縮させて、鼻の中の腫れを抑えて空気の通りを良くしたり、短時間で効く抗アレルギー剤などが入っていたのですが、今どきの点鼻薬は長時間効くタイプのステロイドや抗アレルギー剤のものが多く、毎日決まった時間に使うことでアレルギーを抑え、日中、花粉や黄砂にさらされてもアレルギー反応が起こらないようにしてくれる薬になります。

昔の感覚で1日に何度も何度もスプレーする方がまだいらっしゃるのですが、それではお薬がもったいないだけですので、気を付けてくださいね。

また、それと同様に、喘息のお薬も一日1回吸入するだけのものが増えています。それに追加して、発作の時に吸入するタイプの薬をもらって、そちらを持ち歩いている方もいらっしゃるでしょう。一日1回の薬は基本的にステロイドの吸入薬で、アレルギー反応そのものを抑え、発作時は気管支をしっかり開く薬で咳を鎮めます。

さらに、アレルギー薬にも、もうすぐ貼り薬が出ます。一日1回貼っておくだけで、安定した抗アレルギー作用を示します。貼薬にはすでにいろんな種類が出回っていて、咳止めも貼薬、過活動膀胱にも貼薬、アルツハイマーの治療剤にも貼薬…どんどん進化するお薬から目が離せません。患者さんの事を考えて、心身への負担の少ない薬を開発するメーカーの研究者さんは、やっぱりすごいなあと、いつも感心します。

タンポポの話

なかよしやっきょくさんの写真春がやってきて、薬局の花壇の水仙も終わり、カタバミ、シロタエギク、ローズマリーが伸び放題だったのでカットして、新しいお花を植えました。写真では見えにくいですが、右の方に朱色のキンギョソウ、手前にレモンスライス、奥の植木鉢には芝桜等を植えました。そのうち朝顔を植えてグリーンカーテンを作ります。ローズマリーをカットすると強い香りがします。ローズマリーはアロマオイルでもよく使用されますが、集中力を高める作用がありますので、お勉強の時に刺しておくといいかもしれません。西洋のハーブは割とそのように効能が知られていますが、日本のハーブ、野草についても少し効果をお話したいと思います。

写真の花壇の左下に黄色い花が写っていると思います。あれはタンポポです。最近、タンポポコーヒーが出てくるカフェも増えてきましたが、皆さんご存じだったでしょうか。タンポポコーヒーは、タンポポの根を細かく切って干して炒って煎じたものになります。タンポポ茶というのもあるのですが、タンポポ茶は全草を干して、カットして煎じたものです。

タンポポ茶は古くから催乳薬や胃薬として親しまれてきました。また、利尿剤としても使われます。タンポポはイソフラボンを多く含みます。イソフラボンは大豆にも多く含まれる成分として有名です。女性ホルモンの働きを助ける成分です。なので、女性の生理不順や、催乳、更年期障害にも効果が期待されます。

また胃薬にもなりますので食事の時にお茶を作って飲まれるのもいいですね。

おうちの周りに生えているタンポポ、他人の土地でない、犬の散歩道でもない、除草剤や殺虫剤がかかっている心配がないものを選んで、根っこから掘り起こしてみてください。タンポポの根は1mもあり、栄養が豊富です。きれいに洗ってきんぴらみたいにして食べていただいてもいいです。今は葉っぱをサラダにしたり、普通のお野菜と同じようにして食べていただくこともできます。

タンポポの全草をきれいに洗って干していただいて(干している間につぼみは開花し、穂までできてしまいます。すごい生命力!)カットして、煎じてお茶として飲んでみてくださいね。

お薬の値段の話

なかよしやっきょくさんの写真今日は午後ににわか雨が降って、ますます葉桜になってしまった薬局前の桜並木です。写真は満開の時、桜のアーチができていたので写真を撮りました。本当にきれいで、毎年この時期が一番楽しみです。お天気も良かったので、例年に比べると長い間楽しむことができました。

さて、新年度が始まりました。保険調剤を行う薬局にとって、二年に一度の薬価改定の年度となりました。ご存知の方が多いと思いますが、保健医療で使われるお薬の値段は「薬価」といい、国が決めた値段を使用します。欧米では医薬品メーカーが自由に薬の値段を付けられるところもあり、貧富の差で使える薬が違ってきたりします。

日本はその薬価で平等に皆さんにお薬をお渡しすることができます。2年に一度の薬価改定では、薬の価格は全体的に下げられます。国の医療費負担の軽減や国民負担の軽減のためです。今年は平均で7.48%引き下げられました。中には、効果が高いものなど、値段が変わらないもの、引き上げられるものもあります。

調剤薬局では、その薬価と、調剤技術料を足させていただいて、皆さんから自己負担額1割~3割のお金をいただくようになっています。

基本的に75歳以上の方は1割負担、70歳以上の方は2割負担、岡山市の場合、小学生は1割、未就学児は自己負担額無し、ということになっています。所得によって1割の年代の人でも3割負担になることもあります。

前回処方せんをもって薬局にお越しになってから、再び半年以内に受診して同じ薬局に訪れた場合、お薬手帳を持っていたら、12点(1割負担の方は10円、3割負担の方は30~40円)安くなります。国策として、お薬手帳を普及させたいため、このような制度になっています。飲み合わせのチェック、体質に合わないお薬がないか確認、薬局で次の処方のヒントとなるメモを書き込んでお医者様へ知らせる連絡帳代わり、などの役割を担います。

スマートホンを持っている方は電子お薬手帳というものもございます(ご家族の分も一緒に保存できます)ので、そちらもぜひ検討してください。

同じお薬を継続してもらっている方は4月から安くなる可能性が高いです。

では、今年度もなかよし薬局をよろしくお願い申し上げます(*^-^*)

それは花粉症?風邪?

なかよしやっきょくさんの写真

急に暖かくなりましたね。週末に香川の栗林公園に行ってまいりました。日本で一番大きな庭園だそうですね。中には梅林があり、写真のように梅が満開でとても綺麗でした。お天気はとてもよかったので、本当に楽しかったのですが、春霞がとても濃く感じました。栗林公園は松の木がたくさんあり、杉の木は植わってないように見えましたが、土が舞い上がっているのか、空からいろんなものが降ってきているのか、なんとなく園全体がかすんでいる感じでした。それはそれで、花粉症のない私は楽しめるので、問題ないのですが。

最近、風邪か花粉症かわからない患者さんが沢山お越しです。お医者様も多分判断が難しいのではないかと思います。風邪でもハナミズが出るし、花粉症でも熱が出たり咳が出たりします。

それで、花粉症とも、風邪ともとれる処方が出されるのですが、私が患者さんに「風邪か、花粉症か、どっちかわからないような症状なのですね」というと、もともと花粉症だった人は「花粉症かなあ」と言われるのですが、これまで花粉症になったことのない人は、「これは風邪!(と信じたい)」とおっしゃいます。面白いですね。花粉症になってしまうなんて認めたくないのですよね。

私も最近はたくさんのほこりにまみれると、夜に咳き込むことがあります。PM2.5のせいで喉が荒れたのか、花粉症なのか…きっとPM2.5の仕業です。と思いたいです(笑)

基本的に花粉症でしたら目のかゆみ、透明なサラサラのハナミズが出て、熱は出ません。風邪なら熱が出たり、節々が痛くなったりします。風邪が長引くと、どろっとした濁ったハナミズが出てくることがあります。

インフルエンザでも今年は熱があまり出ないものが多く、ただの風邪か、インフルエンザか見分けがつかなかったこともあったでしょう。そんな時は素人では判断できませんので、長引くときはお医者さんに診てもらうのがいいかもしれませんね。素人判断で学校や会社に行ってしまうと感染源になってもいけません。

それにしても、正常な免疫機能が備わっていれば、アレルギーにも風邪にも勝てるはずです。日ごろから、食べ物、運動、しっかり気を付けて強い体を作るようにしましょうね。

抗アレルギー薬の話

なかよしやっきょくさんの写真

今日から3月。ずいぶん暖かくなりましたね。一回飲むだけのお薬ももうすぐ出回るようですが、インフルエンザのピークも過ぎて、風邪の患者様も減ってきました。

昨夜は薬局周辺はすごい嵐で、今朝は道路に木の葉や枝が散乱していました。一雨ごとに暖かくなるのでしょうか。だんだん日が長くなってきて、帰りに明るいのはとてもうれしいです。写真はそんな日の夕焼けです。

さて、お天気が良い春の日、なんとなく春霞がかかるようになりました。遠くを見ると山や建物がかすんで見えますね。それを言っただけでくしゃみしたくなる方もあるでしょう。

花粉も飛び始めています。最近は抗アレルギー薬を早目に飲み始めると花粉のピーク時に楽だと言われます。では、抗アレルギー薬とは、どのようなものなのでしょうか。

アレルギーの引き金となる物質には、ヒスタミンというものがあります。ヒスタミンが体の中でたくさんできて、それが「受容体」と呼ばれるものにくっついて、くしゃみや鼻水、咳やかゆみなどの症状が出ます。その受容体をブロックするのが抗アレルギー薬になります。ただ、その受容体は脳の中にもあって、そこをブロックしてしまうと、眠くなります。なので、副作用で眠気が出てしまうことがあるのです。

眠気が出ないお薬もありますが、その薬は脳の中に侵入しない構造をしているので、脳の受容体を邪魔することなく、眠気がないのです。

私は眠気が出にくいと言われる薬でもものすごく眠くなり、車の運転が危なくなるので、抗アレルギー薬は出来たら飲みたくないお薬です。幸いまだ花粉症ではないので、助かっていますが、これからもならないように、野草のお茶などで免疫機能を整えていきたいと思っています。

さて、今はスギ花粉などが飛んでいます。もう少ししたらヒノキです。花粉症のあるかたは、大変ですが、マスクやメガネなど、しばらく装着を忘れないようにしてください。また、アレルギーの薬は眠くなると思って薬を我慢している方も、眠くならない薬もありますので、お医者さんに相談してくださいね。ちなみに花粉症に良いとされる、お茶の利用もおススメしますのでご相談ください。