Archive for お薬に関するつぶやき

夏の便秘と中性脂肪の増加

なかよしやっきょくさんの写真

写真はなかよし薬局の隣の病院にある、立派なノウゼンカズラです。毎年オレンジの大きな花を咲かせてくれています。熱帯を思わせる、夏らしい鮮やかな花は、暑い時に眺めると大変似つかわしく、暑さで疲れた私を癒してくれます。花がそのままぽろぽろ落ちている姿もとてもきれいです。

さて、暑くなってくると増えてくるのが、不思議と便秘の薬です。温かいからお腹の動きもいいはずなのですが、体から水分が抜け落ちて、便からも水分が奪われると便が固くなって便秘になることがあります。それで、便秘薬が追加される方が多いのではないかと思うのですが、ここで気を付けたいのは「酸化マグネシウム」というお薬です。比較的、優しい便秘のお薬で、便の中に水を引き込むため、便が柔らかくなって、力まなくても便が出やすくなるお薬です。しかし、体の水分が減っているときに、酸化マグネシウムが追加されてしまいますと、心配になるのが副作用です。血液中のマグネシウムの濃度が高くなってしまうと、高マグネシウム血症というものを引き起こします。それは、吐き気、めまい、立ちくらみを起こしたり、脈が遅くなったり、眠くなったり、体がだるくなったりという症状を伴い、あまり放っておくと意識がもうろうとしてしまうことがあります。特に高齢の方は心配です。

便が固くなったら、まずは水分不足を疑っていただいて、酸化マグネシウムが出されたら、しっかり水分を摂って服薬するようにしてくださいね。

また、6月から検査が始まり、中性脂肪が増加する人が増えてきました。夏は気温が高くて、体が体温を上げるために燃焼しなくても済むので、基礎代謝が10%ほど落ちます。それに加え、食べやすい麺やパン類など、すぐに脂肪に変わる食べ物が欲しくなります。その結果中性脂肪が増えてしまいます。さらに水分不足で血液がドロドロになってしまいますので、食べ過ぎないよう、水分を摂るように気を付けてください。中性脂肪だけでなく、体重ももちろん増えやすくなります。「夏太り」は「冬太り」より起こりやすいですよ。

アイスクリームの摂りすぎ、甘い飲み物の摂りすぎ、小麦粉製品の摂りすぎ、水分や野菜やたんぱく質の不足には、十分気を付けましょう。

 

植物の精油の話

 なかよしやっきょくさんの写真昨夜からようやく梅雨らしくなり、じめじめした季節になりました。
写真はそんな季節に清涼感を与えてくれるペパーミントの花です。私が車を停めている駐車場に群生していて、今は一斉に開花し、いい香りを漂わせてくれています。よくケーキなどに飾ってあるミントの葉ですが、あまりお花は見ることないですよね。白くて、見た目にも涼しげな花です。
せっかくですので、今日は精油の話をしようと思います。ペパーミントは、「ハッカ」と言いますよね。「ハッカ」はお口に入れたらスースーします。口の中が冷たくなった気分になりませんか?これはハッカの精油に含まれる「メントール」という成分の仕業です。
メントールは、冷たい湿布にも含まれているのをご存知ですか?いわゆる湿布の匂い。湿布を貼るとすごく冷たく感じますよね。でも実際の温度は下がってないのです。なぜ冷たく感じるのかというと、体の表面にある冷たく感じる神経を興奮させる受容体を元気にするからなのです。なので、実際温度を下げなくても、脳は「冷やされた」と思うんですね。
その逆で、トウガラシの精油成分「カプサイシン」を含む湿布は温湿布として使用されます。ぽかぽかしてくるのは、カプサイシンが温かいと感じる受容体を刺激するからなのです。それで血流も良くなって、温かくなります。そのままお風呂に入ってしまうと、熱く感じてひりひりすることがありますので、温湿布はお風呂の前は早目にはがしてくださいね。
ほかに、ラベンダーやカモミールの精油成分は、脳の中にあるGABA(γ―アミノ酪酸)の受容体を元気にします。GABA受容体はリラックスしたり、眠りを誘発する神経ですので、イライラしたときや、あまりたくさん眠れない方は、このアロマをお部屋で炊いて、お休みされるととても良いと思われます。
受容体に関連しなくても、ユーカリやティーツリーの精油には殺菌効果があり、風邪ひき予防に最適です。このように、植物の精油(アロマオイル)もいろんな効果がありますので、ぜひお試しくださいね。

夏かぜ・足つり流行中

なかよしやっきょくさんの写真

写真は昨年撮影したものですが、帰化植物のオオキンケイギクです。いろんなところで今の時期はたくさん咲き乱れ、コスモスみたいに風に揺れてとてもかわいらしいですね。道路沿い、土手沿いによく見かけます。

残念ながら帰化植物だから駆除対象ではあるのですが、ここまでなじんでしまえば、すでにこの季節の風物詩ともいえるかもしれません。

さて、タイトルにもある通り、今、風邪が流行っています。暑くてしんどいのに、なぜか喉が痛いというところから始まり、喉の痛みが治まりきらずに咳に変わり、咳が止まらなくなって眠れなくなって受診される方が多いです。熱はあったりなかったり、鼻水が出る方は多く、基本的に頭が重い方が多いです。

喉の痛みのきっかけは、PM2.5、花粉の飛散、黄砂の飛来など、さまざまです。アレルギーが起きてのどの粘膜が荒れて、そこにウイルスが入ってきます。それで風邪を引いたら、日中の暑さで体力を奪われ、風邪が治りにくくなります。そういった循環で、今年は花粉と黄砂が多かったからか、風邪で咳が治まらない方が多いですね。日中の暑さは敵です。しっかり涼んで休んでくださいね。

それから風邪のほかに、足が明け方につるとおっしゃる方も多いです。脱水症、熱中症の時に見られる症状ですが、汗と一緒にミネラル分が流れていってしまって、足がつります。筋肉の動きにミネラル、特にマグネシウムや亜鉛が不可欠なのですが、そういったミネラルは現代人は不足しています。なのでちょっとした汗や暑さですぐに足がつってしまうのです。

ミネラルは海に沢山あります。海からとれた塩、海の貝類や海藻類など、しっかりミネラルを含んだものを食べて頂いて、足つり予防に努めてください。

ちなみに、なかよし薬局で販売しております薬草茶(野草茶)にもミネラル分が多いため、そちらもちょっと宣伝がてらおすすめしております。

肥料や水をもらわずに根をしっかり張って育つ野草は大地のミネラルをしっかり含んだ栄養の宝庫です。「日々の薬草茶」是非どうぞ♪

薬の飲み合わせ

なかよしやっきょくさんの写真

今日は久しぶりの雨で少し涼しくなった岡山市内です。このところ暑くて乾燥した日が続いていたので、黄砂の影響や暑さの疲れから、喉を痛める人や、アレルギーに苦しむ人が多かったので、少し安心です。
喉を痛めてしまうと風邪もひきやすく、気温が高いと体力を奪われますので風邪の治りが遅くなります。これからの季節、風邪を引くと厄介ですので気を付けてくださいね。
写真は薬局の南側に植えているトマトです。今年は苗が良く育って、開花が早くて、実の付きがいいので収穫が楽しみです。雑草だらけなので、薬局にたびたびお越しの方は「どこにトマトがあったっけ?」と思われるかもしれませんが、実はあるんです。ほかにも、ネギをひそかに植えたりしています。これから、ゴーヤを薬局の西側に植えて、グリーンカーテンにしようともくろんでいます。農家の患者様が多い中、恥ずかしいのですが、自分の育てたお野菜を食べるのって幸せですよね。上手にできたらスタッフとみんなでいただきます。
さて、今日は薬の飲み合わせについてお話ししたいと思います。薬剤師は、薬と薬の飲み合わせを調べるとき、添付文書(薬の効能書き)を参考にします。添付文書に「併用禁忌」と書いてある薬は、絶対一緒に飲んではいけない薬です。生命の危険がある場合など、非常に危険な時、このような表現になります。ほかに、「併用注意」と書いてある薬は、どちらかの効果が減ってしまったり、逆に強くなってしまったり、副作用が出やすくなったりする組み合わせですので、できたら一緒に飲まない方がいい薬になります。
しかし、年齢とともに薬がどんどん増えていく患者様がいらっしゃいます。10種類以上になってくるとどうしても相互作用がある薬が何組か、一つの処方せんの中に入ってきます。「併用禁忌」の組み合わせは処方したお医者様に連絡して変更していただくのですが、「併用注意」については効果が大切か相互作用の回避が大切かをよく考えて、場合によってはお医者様に連絡して変更、または中止してもらいます。
しかし、「その薬はなくなったら困る、貰っておきたい」と言われる患者様も。気持ちはわかるのですが、お薬は飲まないに越したことはないです。飲まなくていい体になるためのお手伝いをしたいと常々考える、なかよし薬局でございます。

薬草茶のワークショップをしました。

薬草茶のワークショップをしました。なかよしやっきょくさんの写真なかよしやっきょくさんの写真なかよしやっきょくさんの写真
温かくなり、雨も降って、そろそろ、お庭や畑の草取りに精を出される季節がやってきたと思います。私も薬局の周りに伸びてくる草を取ろうとするのですが、なかなか進みません。タンポポ、オオバコは薬草になるし、カラスノエンドウも食べられるし、少し前はハコベも持って帰ってお料理したり。スギナやヨモギも薬草・・・。そのように考えると草が生えているところは私にとって畑のようなものです。
さて、写真は、先日てんまや岡山店で行われた薬草茶のワークショップのものです。岡山市の円山というところで、丁寧に暮らす生活を提案する佐野明子さんが開催される、「円山マルシェinてんまや」というイベントの一角で行わせていただきました。私の隣に立っておられるのは美咲町の棚田で薬草になる野草を採取して加工してくださっている後藤さん。それを私がブレンドさせていただいて、「日々の薬草茶」として製造してくださって、ワークショップのお菓子を担当してくださったのが「株式会社いち」の河上さんと木内さん。いち、後藤さん、そして私の3社でワークショップを行いました。いちのからだにやさしいお菓子と、後藤さんが取ってきてくださった山の草花(一輪草、二輪草、萱草など)もテーブルに飾られてとても華やかで優しい雰囲気の中、野草の話を色々とさせていただきました。
薬草になる野草は、その薬効もいろいろと知られていますが、それ以前に、野草には現代の人々に足りないミネラルやビタミンが豊富に含まれていて、それが体に良いのですよと話させていただきました。
飽食の時代と言われていますが、大量生産されるたくさんの食べ物をいくら食べても、それらに必要な栄養素が含まれていなければ、ヒトは健康にはなりません。
強い生命力で大地から栄養を吸い取って成長する野草。そのまま食べられるものは食べていただいてもいいですし、お茶にできるものはお茶にして日々口にしていただくだけで、体の悪いものが外に出て、動きにくかったところが良く動くようになり、組み合わせで体を温めてくれたりと、いいことが沢山あります。
なかよし薬局では「日々の薬草茶」各種約1か月分750円(税込み)で販売していますので、一度お試しくださいね。

痛風にまつわるエトセトラ

昨日は「花散らし」の雨が降りましたね。しかし開花が遅かった薬局前の桜はまだ健在です。今日は青空の下で元気に咲き誇っています。

春らしいお天気で、下を通るときに落ちてくる花びらを堪能しています。

さて、タイトルにあります「痛風」という病気をご存知でしょうか。痛風は、風が吹いただけで痛むという意味で、激痛を伴う生活習慣病の一つです。

昔は「ぜいたく病」と言われていました。お肉や魚などの食べ過ぎで起きることがあるからです。でも現代は食が豊かですから、ぜいたくしてなくても痛風になります。特に宴会シーズンの今、発作が出るかたが増えるのではないでしょうか?

痛風の原因になるのは、血液の中に増えてくる尿酸。尿酸が増えると関節(特に足の親指)に結晶化し、激痛を引き起こします。尿酸はどこからやってくるかというと、お肉などに含まれる「プリン体」と呼ばれるものです。

「お酒を控えましょう」と伝えると、「お酒(日本酒)は飲まん。焼酎にしとる。大丈夫じゃろ?」と言われる方がいらっしゃいます。また、近頃見かける「プリン体0」のアルコール飲料がありますね。アルコールそのものが尿酸を体にため込みますので、残念ながら、どのアルコール類も飲んだら尿酸値が上がります。「アルコール0」の飲料がおすすめです。

また、プリン体を多く含む食べ物は、お肉の中でも特にレバー類、次にハツ、そして、ささみ、の順です。尿酸値が高い方は、こういった食べ物を控えるようにしましょう。

そして、尿をアルカリ化して尿酸の排泄を促す食品は、ヒジキ・わかめ・昆布などの海藻類、次にしいたけ、大豆、さやいんげん、ホウレンソウ、ゴボウ・・・と続きます。尿をアルカリ化する食品として、野菜が多いですが、野菜といえどもジャガイモ、グレープフルーツなどは意外と効果がありません。

体を酸性にしてしまって、尿酸を体にため込む食品は、卵、豚肉、牛肉などです。

尿酸値を低く保って、痛い思いをしないで済むように頑張りましょうね。

事故やけがが多い季節

なかよしやっきょくさんの写真花壇の中に何か見えます。写真の右下のところに見えるのは、なかよし薬局のキャラクター「ナカ ヨシ男」です。いつも薬局にお通いの患者様が、月に一回のニュースレターに4コマ漫画を見て、板で作ってくださいました。なんとかわいい。本当に上手に作ってくださって、感激です!なかよし薬局は、患者様に愛されて本当に幸せだと思いました。花壇に飾っていますので、お越しの際はぜひご覧になってくださいね。

さて、この時期けがやぎっくり腰の方が増えてまいりました。年度の代わり目で忙しく、うっかりと草刈りをしていて切ってしまった、包丁で指を切ってしまった、起きたら腰が痛くて起き上がれなかった…などなど。皆さん、いろんな移動があるのであわただしくうっかりミスがあったり、お引越しされたりして重いものを運んだりして腰を痛めるのかもしれませんね。

出血をするような傷を負ったとき、傷口からばい菌が入ると化膿して傷の治りが悪くなったり、抵抗力が弱った方だと血液中で、または体内で菌が増えてしまったりすることがあるので、化膿止めが出されます。化膿止めとは抗生物質のことですが、抗生物質の中にはアレルギー(アナフィラキシーショック)を引き起こすことがあるもの、食べ物との相互作用があるもの、ほかの医薬品との相互作用で重篤な副作用が出ることがあるものがあります。ですので、アレルギー体質の方、ほかの薬を飲んでいる方はおっしゃってください。

突発的なけがなどは、かかりつけのお医者さんにかかることができない場合もあると思います。お薬手帳をお持ちになって、受診してくださいね。

また、腰や関節などを痛めたら、基本的に湿布を貼ります。湿布には、温かい湿布と冷たい湿布があるのをご存知でしょうか。

最初の炎症を起こしているときは冷たい湿布を貼ります。そして、症状が落ち着いてきたら、温かい湿布に変えられる場合もあります。急性期は冷やし、慢性期は温める、というのが基本です。しかし夏場は暑いので、ずっと冷たいものを使用いただくことが多いです。

忙しい時期も、お元気でお過ごしくださいね。

インフルエンザがまだ流行中。

なかよしやっきょくさんの写真

写真は駐車場わきに群生しているつくしです。今年はすごくたくさんのつくしが出てきてくれました。皆さんつくしは食べますか?実はつくしも薬草なのです。つくしの親であるスギナは、古くから腰痛の薬草として使われてきました。

つくしもビタミンやミネラルを豊富に含みます。穂が完全に開く前のほうが栄養がたっぷりあるようですが、私は穂が開いたもののほうが苦みがなくて好きです。胞子に栄養が入っているのでしょうね。苦みが大丈夫な方は、穂が開いてない青いものを、苦みが苦手でしたら穂が開いているものを、どうぞ。佃煮にしたり、卵とじにしたり、食べ方は様々。私は袴をとってから、こども受けが一番良い、てんぷらにします。衣を固めにして、スティック状にして軽く塩を振っていただくのが、我が家流です。

さて、気温が上がって、花粉症全盛期であるにもかかわらず、いまだにインフルエンザの患者様がお越しになります。インフルエンザA型。ふつうはこの時期に流行するのはB型なのですが、今シーズンはA型がまだ流行しているようです。高熱が出て、節々が痛いようでしたら、インフルエンザの可能性があります。今のところ、高齢の方よりも30~40代の方が多く、皆様38度くらいの熱が出ていて、頭痛が少しあるような症状が出ておられます。

統計的にB型よりもA型のほうが重症化しやすいです。働き盛りの年代の方々ですので、この年度末の忙しい時に仕事を休まないといけない、というのが一番お辛い様子です。発症してから最低5日間はお休みしないといけないですから、周りの人にかける迷惑や復帰後の仕事量を考えるとなかなか厳しいですね。私は幸い16年ほどインフルエンザにはかかっておりませんが、今休めと言われると本当に困ります。その気持ちをお察しいたします。しかしどうして、まだインフルエンザが流行しているのでしょうか。私の勝手な考えですが、乾燥した空気、PM2.5、今年は多かった花粉、などで粘膜が荒れているところにインフルエンザウイルスが付着して感染しやすい状態になっているのかもしれませんね。まだまだ人混みに出かけるときはお気を付けくださいね。

薬とサプリメントの違い

薬とサプリメントの違い

日に日に薬局の前の桜のつぼみが大きくなり、白っぽくなってきました。開花まであとわずかだなあと感じさせてくれます。
写真は昨夜行いましたカフェセミナーの様子です。街なかのカフェのイベント「Dr.ちづこの ヘルシー講座」の記念すべき第1回目の様子です。初回だったので、数人来てくださったらいいなあと思っていたのですが、16名の方がお集まりくださり、大盛況となりました。年度末のお忙しい中、ご参加くださいました皆様、本当にありがとうございました。
今回のセミナーの内容は、「薬とサプリメントの違い~サプリっていつ飲むの?」というタイトルでしたので、お話しした内容をかいつまんで今回の日記にさせて頂こうと思います。
お薬は厚生労働省の管轄、サプリメントは消費者庁の管轄です。扱う省庁が異なるのです。お薬は治療目的で使用されることが許されていますが、サプリメントは許されていません。サプリメントはあくまで健康維持のためのものなのです。なぜなら、サプリメントは食品に分類されるからです。
お薬はその開発の時、薬として認められるために健康な人や特定の疾患を持つ人に実際飲んでもらって、効果を確認して「お薬」としての許可をもらいます。サプリメントについては、特定の「成分」を含んでいるというだけで、特に何の試験も必要としません。何をどれだけ含んでいるか表示する義務もありませんが、治療目的で使用すること、特定の病気に効果があることを表示するのは禁止されています。
サプリメントにお薬と同じ成分が入っていることがありますが、あくまでそれはサプリメント、食品です。人を使った実験をしていない場合は効果があるという証拠はありません。しかし、薬と同じ成分が薬と同じくらいの量、入っているなら、その薬と同じ効果があるかもしれません。
サプリメントを飲むタイミングですが、お薬と同じで油に溶けやすいものは食後、水に溶けやすいものやアミノ酸類は空腹時、ダイエット系のサプリメントは食前に飲むことが多いです。何も表示がなければ食後に分けてお飲みくださいね。
次回のカフェセミナーは4/18(火) 19:30~21:00 下石井公園向かいの Cafe B-styleにて。セルフメディケーション・セルフメディケーション税制についてお話しします。ぜひご都合のつく方はお越しくださいませ

花粉症デビューされる皆様。

なかよしやっきょくさんの写真もう3月も中旬を迎えました。温かくて上着もいらない日もあれば、今日のように冷たい風の吹く日もある薬局周辺のお天気です。県北のほうでは、昨日は雪が降って交通に影響が出ているところもあるそうですね。
薬局周辺は岡山市の中心部に比べると少し気温が低いため、遅くなっておりましたが、ようやく花壇の水仙が開花しました。可憐な花と良い香りで気持ちを和ませてくれます。薬局は桜並木沿いですが、桜のつぼみもずいぶん大きくなっていて、もうじき、例年通り、仕事をしながらお花見をする季節がやってくることを伝えてくれています♪
さて、少し前にも花粉症についてはお話しいたしましたが、今日は花粉症デビューされる方が多い今シーズン、花粉症になったら気を付けないといけないことを書かせていただこうと思います。
今年の花粉は例年よりも多く、PM2.5の影響もあり、かなり激しいアレルギー症状に見舞われておられる方がいらっしゃるようです。これまでなんともなかったのに、急に透明な鼻水が出るようになった、目が痒くなって涙が出るようになった、そういった声を聴くようなりました。
花粉症に初めてかかる方は、その経験のなさが原因で、自分が風邪を ひいたのだと勘違いされることがあります。そして、風邪薬を飲んで対応します。市販の風邪薬を飲むと症状が改善します。なぜなら、市販の風邪薬には鼻水を止める成分が入っているからです。それで、薬がなくなるとまた症状が出て、まだ風邪が治ってないと思って再び風邪薬を飲む、ということが起こります。
市販の風邪薬を飲むのは構いませんが、風邪薬には不必要な成分もたくさん含まれます。透明な鼻水が出る、熱は出ても微熱程度、咳が出ても空咳、目が痒い、涙が出る、といった症状は花粉症の可能性が高いので、花粉症のアレルギーの薬を飲むようにしましょう。
また、花粉症だと思って治療をしていないと、結局粘膜が荒れてそこからウイルスが入って風邪をひくことがあります。うららかで良い季節がやってきても、それを楽しめずに終わってしまってはもったいないので、怪しいと思ったら早めの対応をお勧めいたします。