Archive for お薬に関するつぶやき

骨粗鬆症あれこれ

今日は一日雨の岡山市です。写真は薬局の目の前の桜。紅葉した葉がかなり落下してしまって、少し寂しいですが、雨の中いい雰囲気です。
少し寒々しくなり、風邪の方も多くなりました。特に今年は喉に来る人が多い感じがします。喉の痛みと咳に悩む方が多いですね。マスクをして養生してくださいね。
さて、先週末、大阪で行われました「日本女性医学学会」に参加してまいりました。全国から集まった婦人科、産婦人科のお医者様にまぎれて、女性の健康のためのお勉強をさせていただきました。
その中で、興味を引いたのは骨粗しょう症に関する話題です。基本的に男性よりも女性の方が骨粗しょう症になる率が高いことは良く知られています。その原因は女性ホルモンの量が閉経とともに激減することです。閉経すると男性よりも女性ホルモンが少なくなってしまうのです。
閉経までずっと破骨細胞の働きを抑えてくれていた女性ホルモンがなくなるため、破骨細胞が活発に働きます。それで骨が溶けてしまって、スカスカになってしまうのです。
病院に行くと基本的にお薬による治療が行われます。更年期症状が伴うときは「ホルモン補充療法」という、女性ホルモンそのもののお薬を使います。それ以外は女性ホルモンのように破骨細胞の働きを抑える薬、カルシウムやビタミンD3のお薬を使います。
食べ物で有名なのは大豆。大豆に含まれるイソフラボンは腸内細菌によって活性型のエクオールに変換され、女性ホルモンのような働きをすると言われています。でもその腸内細菌を持っているのは日本人女性の50%に過ぎないそうです。それ以外の方はエクオールのサプリメントを摂取すると良く効くそうです。
また、牛乳の乳清に含まれるたんぱく質MBPにはカルシウムの吸収を助ける働きがあるそうで、そのドリンクも発売されていますが、やはり牛乳を一日100~200ml飲むことは骨にとって、とても良いというデータが出ているそうです。
このエクオール、それからMBPは婦人科の著名な先生方も大絶賛でしたので、なかよし薬局でも皆さんにお勧めしていこうと思います。

 

木枯らし一号と、乾燥による困りごと

なかよしやっきょくさんの写真

台風が去って、気温が一段と下がり、木枯らし一号が吹いたという話がちらほら。写真は桜の葉です。今年は薬局の前の桜がきれいに紅葉して、冷たい風に舞い散ります。シロタエギクの上に乗せると、赤がきれいに見えたので、写真を撮ってみました。

桜の樹皮は、布などの染色(薄いピンク色)にも使われますが、実は咳止めにも使われます。最近医療用のシロップが製造中止になってしまったのですが、痰を切り、咳を止める良いお薬になります。シロップも桜の香りでとてもいい匂いなのですよ。

急に冷え込んだこともあり、風邪の患者様が増えてまいりました。季節の変わり目でお疲れが出ることもあります。この時期は空気も乾燥するので、喉や鼻の粘膜がひび割れ、ウイルスが入りやすくなります。そういった理由で風邪を引きやすい季節。十分気を付けてくださいね。

空気の乾燥と言えば、肌が痒くなる人も多くなります。肌が痒いと夜中にかゆみで目が覚めてしまったり、掻きむしって出血してしまったり。

肌の表面が乾燥によりはがれやすくなっていて、はがれると知覚神経が皮膚表面に出てきます。すると外からの刺激を受けやすくなり、かゆみを強く感じるようになります。そしてさらに掻いてしまうと皮膚が傷んで、余計にかゆみに過敏に反応するようになるのです。皮膚というバリアが壊れてしまうと、アレルギーの原因物質も入りやすいし、菌も侵入しやすくなります。

そういった悪循環がお肌のトラブルを引き起こすこの季節、お風呂から上がったらまず保湿クリームや実はココナッツや食用油でもいいのですが、そういったものを塗るように心掛けてください。市販のもので、カブレないものがあればそれで充分です。最近は新聞をにぎわせる保湿の医薬品もありますが、それをわざわざ使う必要はありません。しっかり保湿をしておけば、かゆみも感染症も平気です。また湿布をよく使う人も、貼ってもカブレにくい、丈夫な肌になります。

この季節は乾燥した風、木枯らしなどで乾燥してしまって、色んなトラブルを起こしやすくなります。喉も鼻も肌もしっかり保湿して冬を乗り越えましょう。

中性脂肪の話

なかよしやっきょくさんの写真

これはセンブリの花です。野草茶をいつも作ってくださる、美咲町の後藤さんが、納品の際に持ってきてくださいます。センブリ、テレビ番組の罰ゲームなどで「センブリ茶」を見たことがある人がいるかもしれません。
センブリは千回ふっても(煎じても)、まだ苦い!という意味でその名が付きました。もともとセンブリは苦味性健胃薬として使われている生薬になります。この苦みが、胃を刺激して食欲を増して消化力を上げてくれるお薬なのです。実際私も葉っぱの先を少しだけかじってみましたが、悶絶する苦さです。
その味とは裏腹に、かわいい花をつけますね。これはとても栽培は難しく、種をまいてから2年後に発芽するという、のんびりと成長する野草になります。今の時期には、水が豊かな土地で花が見られることがありますので、山の散策の際は、ぜひ足元をよくごらん下さいね。食欲の秋なのに食欲がない人は、洗って干して煎じてみましょう。きっと食べられるようになります。
しかし、食べすぎには注意です。おかやまはブドウの産地ですから、この時期ブドウを大量に食べる方が多くいらっしゃいます。そうしてこの時期増えてくるのが「中性脂肪が高いと言われた」とおっしゃる患者様。
ブドウだけではなく、新米、芋類、カボチャなど、でんぷん、糖質が豊富な作物がどんどん世の中に出てきます。昔は冬は食べ物が少なくて、秋に食べる必要があったからタイミングよく食欲と食べ物の供給が合わさったのですが、今はいけません。冬も食べ物豊富です。
炭水化物や糖質を多く含む食べ物を食べると、血液中の糖の濃度が上がります。正常な体ならインスリンが分泌されて、細胞内に糖が取り込まれます。糖がそのままエネルギーに変わればいいのですが、余ってくると、糖は脂肪として蓄えられます。それが血液中にも出てきて、中性脂肪が増えてくるわけですね。
「中性脂肪が高い」と言われて、お肉や油を控える人がいるのですが、植物性の、良い油(亜麻仁油、えごま油、ごま油、オリーブ油など)は生のまま、積極的にとられるといいと思います。お肉も赤身はしっかり食べてくださいね
減らすのは、炭水化物と甘いもの(お砂糖を含むもの)、岡山の人はぶどう!

ご自身のオリジナル野草茶をお作りいたします。

ご自身のオリジナル野草茶をお作りいたします。

日頃のお困りごとをご自分でケアしたい方、もっと健やかに生活したい方へ。
頭痛しやすい、むくみが出やすい、体が冷える、咳が出やすい、アレルギー体質。
何かしらのトラブルを抱えておられる方は、これを機会にいちど自然の力をお試しください。
野草茶は、数分~数十分、お好きなだけ煎じてお飲みください。
たくさん作って冷蔵庫に入れて時々お飲みいただいても構いません。

皆さんの体質を中山がお聞きして、約30種の中から、3~4種混合の野草のブレンドを考案いたします。
美咲町でからだにやさしい野草の採取、加工をしてくださっている後藤 栄子 (Eiko Goto)さんが、実際にお持ちの野草をブレンドして、皆様のもとへ。
計15g、お送りいたします。

なかよしやっきょくさんの写真

送料等も含め、
初回:2,160円。
同じブレンドの再送:1,080円。
5gずつに分けて、3包、写真のように箱に入れてポストに入るように致します。

ご希望の方は、なかよし薬局、もしくは中山 智津子 (Chizuko Nakayama)にご連絡ください。

facebook メッセンジャー、
電話 086-294-3955、
メール yoshimune@oasis.email.ne.jp

上記のどの方法でも構いませんのでご連絡ください。
問診のフォームをお送りいたします。
お返事いただいてから数日後に届くようにいたしますので、よろしくお願いします。
担当が中山しかおりませんので、薬局不在時の対応が遅れることがございますのでご了承ください。

 

なかよしやっきょくさんの写真

むくみの話

なかよしやっきょくさんの写真

写真はアケビです。患者様が、お散歩途中に出会ったアケビをたくさん取ってきてくださいました。アケビは白い実の中に黒い種がたくさん入っている果物。

中の実は食べられるのは皆さんよくご存じだと思うのですが、アケビの白っぽい皮はお料理して食べられることご存知でしたか?おナスみたいにお料理できるようです。さっと湯がいてあく抜きをして、甘辛くお味噌などで炒めたり、肉詰めにしてフライにしたりできるのこと。私も今回やってみようと思います。

それから、実はアケビは立派な生薬で、漢方薬にもたくさん含まれています。それは実ではなくて、つる性の茎です。茎を輪切りにして乾燥させたものが「モクツウ」という生薬で、利尿作用があり、むくみに効果があります。また、炎症を抑える作用があるので、鎮痛薬や、子宮内膜炎、膀胱炎にも使用されます。つるや葉を乾燥させてお茶にして飲むこともできます。今回ちょっと葉っぱもついたのをいただいたので、洗ってから干してみようと思います。

そんなアケビにちなんで、今回はむくみの話をしたいと思います。

 女性は生理前から生理中にかけてむくみを起こす人、妊婦さんもむくみが多いですね。それはホルモンバランスの関係。

 立ちっぱなしや座りっぱなしの体勢が続くと足がむくんでくるという人は、重力の関係で下に水が溜まります。筋肉を使って動いていると、筋肉の運動によって足の水分は上にあげられるのですが、じっとしてるとどうしてもむくんでしまいます。筋肉量の低下はむくみの原因になりますので、運動不足や、加齢による筋肉の衰えで足のむくみは出やすくなると考えられます。

 お酒をたくさん飲んだり、塩分をたくさんとると次の日の朝、顔などのむくみが激しいということがありますが、それは寝ている間にからだ中の塩分などの濃度を薄めるために水分が分配されるからです。それは日中に活動しているうちに改善します。気を付けたいのは心臓や腎臓の病気、薬の副作用によるむくみです。日常生活を続けていて、全く治らないむくみは、お医者様に相談するようにしましょう。

がんのおはなし

なかよしやっきょくさんの写真

朝夕涼しくなって、日中の陽ざしに疲れますが、秋らしくなってきましたね。写真はコスモスですが、風に揺れるコスモスを見るととても癒されます。濃いピンク、薄いピンク、白など、いろんな色が混ざっていて、道端にときどき見かけるコスモスの群生はとてもかわいらしいと思って眺めます。

なかよし薬局では丹羽免疫研究所のSODマイルドという健康食品を扱っています。胚芽・大豆・糠・はと麦・小麦・ごま油・ゆず果汁・抹茶・ 杜仲茶・ごま・麹などの自然植物や穀物から遠赤で火を通して成分を抽出したものになりますが、「体内の活性酸素の働きを除去する」ことで、アトピー性皮膚炎やがんの治療に実際に使われているものになります。今朝スタッフとたまたまそのようなお話になりまして、そもそもがんの発生理由についてちょっと書いてみようかなと思いました。

がん細胞は外からやってくるのではなく、中から発生します。外からやってくるのは、たばこの煙や農薬・食品添加物・排ガスなどに含まれる発がん性物質です。それらは体の中で代謝を受けたときに活性酸素を発生します。活性酸素は細胞の遺伝子を傷つけます。細胞の遺伝子には、その細胞がある程度分裂したらストップがかかるようなプログラムが組み込まれているのですが、そこを活性酸素によって破壊された場合、細胞が分裂をやめることができず、どんどん大きな組織になってしまいます。それががんの発生です。がんは知らないうちに体内でちょこちょこ発生しては消えています。それは体の免疫力が勝っているからです。でも追いつかなくなると白血球数も多くなります。白血球も活性酸素をたくさん出すので悪循環となりがん細胞が加速度を増して増えます。ストレスによっても活性酸素は発生します。

発がん性物質に触れない生活、活性酸素を消していく食生活、ストレスを感じない気の持ちよう、心がけていますか?がんを治すのは、実はお薬ではなく普段の生活だということをお忘れにならないようにお願いします。

風邪には誰でも葛根湯?

なかよしやっきょくさんの写真

 こちら岡山も先日は大きな台風が通過しました。台風18号の被害にあわれた方には心よりお見舞い申し上げます。アメリカのハリケーンやメキシコの相次ぐ地震、ヨーロッパでのテロ事件、北朝鮮のミサイル発射など、世界ではいろんな大きな悲しいことが発生していて、少し心配になります。
さて、なかよし薬局では台風の風にあおられて、西の窓のゴーヤのグリーンカーテンの留め具が外れてしまいましたが、その他は特に大きな被害もなく、休み明けからもいつも通り業務を行うことができています。ゴーヤも収穫が続いていて、カーテンは応急処置で直しまし、まだゴーヤが食べられそうでとても嬉しく思っています。
写真は昨夜行いました「Dr.ちづこのヘルシー講座」の様子です。毎月第3火曜の夜に、地域の皆様に体と薬のお話をして「薬のいらない体づくり」のお手伝いをさせていただいております。今回のテーマは「西洋薬と漢方薬の違い」だったのですが、皆様ご興味お持ちいただいて、たくさんの方に聞いていただくことができました。漢方薬は「長期間服薬」する「体質改善」のイメージが大きいと思いますが、困ったときにすぐに効く漢方薬があることや、四診(望診、聞診、問診、切診)を用いて行う漢方の診断方法、同じ病気でも人によって使う漢方薬が違ってくることなどに、面白みを感じてもらえたようです。
漢方は、病毒(病気)が体力(免疫力)と戦っている時に送り込む援軍で、その戦況や戦場の状態によって使うものが異なってきます。風邪には「葛根湯」と思っておられる方が多いと思いますが、それが本当にご自身の体に合うものなのか、一度専門家に相談するほうが良いかもしれません。葛根湯は一般的な風邪薬で市販されているものも多くありますが、体力がない人が飲むと体を壊してしまったり、まったく効かなかったりすることがあります。漢方薬は学びだすと奥の深さに気が遠くなります。でもとても面白い学問。またセミナーで特集しますので、ぜひ遊びに来てくださいね♪
次回は「薬に頼らないための十戒!」10月17日19時30からです。 いつものCafe B-styleさんで、おいしいスイーツいただきましょう(^^)/

秋風邪に注意

なかよしやっきょくさんの写真

秋とは言え台風の影響で相変わらず暑い、9月中旬となっております。暑さ寒さも彼岸までということで、秋分の日を楽しみに過ごすことにしましょう。おかげさまで薬局のゴーヤのグリーンカーテンは相変わらず元気で、まだ5・6個の実をぶら下げています。昨日、窓を内側から見ると、前に見た時よりかなり成長したヤモリがぺったりとくっついていました。今朝にはつがいで薬局の中に侵入していて、薬局スタッフにやさしく外に連れ出されていました。手を大きく開いて、しがみついている姿は可愛らしいですね。苦手な方、ごめんなさい。
さて、東京のほうではすでにインフルエンザによる学級閉鎖が出たとのこと、早いですね。皆さんの身の回りは、咳をしている人が多くありませんか?
私の息子はのどが痛いと言っておりますし、薬局にも風邪の患者様がちらほらやってくるようになりました。そんな私も疲れがたまると咳が出ます。
秋風邪というのは夏風邪と同じように割と長引くそうです。日中はとても暑いので疲れがたまってしまうのでしょうね。体力が低下するとウイルスはなかなか減りませんので、体力の回復に努めましょう。よく眠ることが第一ですが、体を冷やさないように、できるだけ温かいものを飲食するようにしてください。
今は台風の影響で空気が湿気を含んでいるところもあると思いますが、基本的に秋には空気が乾燥してきます。日中湿度が高くても気温が下がる夜には結露となって流れていきますので、次の日中は相対湿度が前日に比べると下がります。空気が乾燥するときはウイルスが元気になるときです。
逆に湿度が下がると人の粘膜は乾燥して、バリア機能が下がってしまいます。ウイルスが入ってきやすい状況を作ってしまうため、風邪やインフルエンザに感染しやすくなるのですね。皆さんがお疲れになって空気が感染してきているこの時期、インフルエンザが流行しだすと厄介です。
秋風邪、体力低下に気を付けて、無理しないようにお過ごしくださいね。

秋の野草

なかよしやっきょくさんの写真このところ、朝夕の気温がぐっと下がって秋めいてきました。昨日岡山県の美咲町というところにある棚田に薬草を見に行ってきたのですが、そこできれいに実ったホオズキをいただき、薬局に干しています。ドライフラワーにできるそうです。
後ろは夏の名残のグリーンカーテンですが、前にホオズキが飾られることでぐっと秋らしくなりました。
ホオズキの実は食べられることを前から聞いておりましたが、昨日初めて食べることができました。種がない、不思議なすっぱい果実という感じで、思ったよりとてもおいしかったのでびっくりでした。ホオズキは根と全草を乾燥して薬用にできるそうで、昔から、咳止め、解熱、利尿剤として使われていたようです。ただ、妊婦さんには堕胎の作用が出るようで、使用できません。
棚田周辺には、クズ、オミナエシ、ハギなどの「秋の七草」の野草が見られました。秋の七草にはほかに、ススキ、フジバカマ、キキョウ、ナデシコがあります。それぞれが食用もしくは薬草として使用されてきたものです。クズの花は葛酒にして使われます。肝機能の改善効果があるそうで、根は良質なでんぷんを含むのでくず湯や葛根湯に使用されています。オミナエシは全草を乾燥させて煎じることで鎮静、消炎作用が、ハギは女性特有ののぼせ症状などに良いそうです。フジバカマはつぼみのころに全草を乾燥させ、利尿、黄疸、通経に使われるそうです。キキョウは咳止めなど、ナデシコは通経、消炎、利尿などに使えるそうです。身近な植物ですので、少し探してみるのも楽しいと思います。
秋の七草の写真はこちらのページにたくさん載っていました。

国体壮行式に行ってまいりました。

なかよしやっきょくさんの写真

なかよしやっきょくさんの写真

昨日の事ですが、第72回国民体育大会、愛媛国体の岡山県選手団の第一弾の壮行式がありました。弓道、水泳、カヌーの選手とコーチ、監督の皆様が出席されていました。
なかよし薬局の中山が、岡山県薬剤師会アンチ・ドーピング小委員会の一員として参加し、アンチ・ドーピング講習を行ってまいりました。
JADA公認スポーツファーマシストの資格を持っておりますので、このような機会に恵まれてとてもうれしく思います。
昨年の岩手国体でははじめて国体でドーピング検査陽性の選手が出てしまいましたので、それについても詳しくお話しさせていただきました。
優勝候補の選手もいらっしゃいますので、緊張いたしましたが、皆さんの真剣なまなざしのおかげで、最後までお話しすることができました。
ドーピングゼロで、いい成績で帰ってきてくださいね!