Archive for なかよしやっきょく

浸水被害は消毒を

なかよしやっきょくさんの写真経験したことのない雨に見舞われた岡山県です。なかよし薬局は吉宗川という川の横に建っているのですが、運よく氾濫もなく、上の方にある池も決壊しそうになりながら、ならず。今のところはありがたいことに通常営業できております。
写真は今朝見かけた自衛隊の車です。私は阪神淡路大震災を西宮で経験しておりますので、あの時の隊員の皆さんの働きを思い出し、温かい気持ちになりました。ほかにも愛知県から来てくれている自衛隊の車も見かけました。ボランティアの方もたくさん遠方から来てくださっているとのこと。全国からの助けが集まっていることに感動しました。患者さんとの会話は「雨は大丈夫でしたか?」から始まります。「大丈夫だった」「避難したが大丈夫だったので帰れた」「床下浸水した」「床上浸水した」様々な話を聞きます。
床下浸水した方に、「床下を乾燥させないとカビやシロアリがやってきますね。大変ですが、しっかり扇風機などを使って…」とお話すると、「いや、うちみてえなんが大変じゃ言うとったらおえんじゃろ。もっと大変な人ようけおるんじゃけん。」と言われました。日本人らしい言葉です。でもこれからが大変なのですから、みんなにちゃんと助けを求めて、一人でできない家のケアを、これから増えるであろうボランティアの皆さんと一緒に遂行してもらいたいと思いました。せっかく水害に負けず建っていた家が白アリやカビでダメになってはもったいないです。 

床上浸水の方も、家の片づけは大変ですが、最後まで頑張りましょう。それからしっかりと消毒もしましょう。一人で大変な時はボランティアセンターなどと連絡を取ってしっかりと手伝ってもらわれてはいかがでしょうか。遠慮していては、皆さんが疲れてしまうだけです。被害に遭った地域の人・ボランティアの皆さんで助け合って、これまでよりも元気に、みんなと仲良く、良い街に生まれ変わることを祈ります。
消毒について、手指、床上・屋内、床下・屋外には塩化ベンザルコニウムという消毒薬が奨励されています。また、食器・衣類は次亜塩素酸ナトリウム(家庭用塩素系漂白剤でも可)が奨励されています。それを薄めて使用してください。ただし、もしかすると薬局・薬店で品薄になっている可能性もあります。電話で問い合わせをしてから購入してくださいね。

たんぱく質を食べましょう

なかよしやっきょくさんの写真台風の影響で、雨が多い、晴れの国岡山です。皆様、雨風は大丈夫でしたか?地震があったり、台風があったり…何かとあわただしい梅雨時期です。

写真はノウゼンカズラです。毎年隣の病院のお庭できれいに咲くので楽しみにしています。オレンジ色の大きな花が、熱帯の花みたいで、夏らしく、ちょっとリゾート気分が味わえるので、私はこの花が大好きです。ぽろぽろと花が落ちていくさまも、いいですね。

皆さん、毎日のお食事、何を食べてますか?本日お越しになった糖尿病の患者様が、おっしゃるには、「お肉は食べていません。ごはんと野菜ばかり食べています。」とのこと。理由は、「糖尿病だから、油ものを控えるように。」とお医者様に言われたとのこと。それで、健診の結果、低栄養を指摘された様子。

 大変まじめな患者様だったので、診断を受けてから食事制限を徹底して、体重も激減。そして、気が付いたら筋肉もすっかり落ちてしまっていたのです。

 お肉は食べてください。お魚でももちろん構いません。たんぱく質を取らないと筋肉は痩せて行ってしまいます。糖尿病のかたは、米、小麦、砂糖などの炭水化物(糖質)を制限する必要がありますが、肉や油は食べて大丈夫です。むしろ、糖質を取るときにたんぱく質や油を取ることで血糖値の上昇は緩やかになります。昔は、すべてカロリー計算をして、食品のカロリーのみを気にする食事療法が主流でしたが、今は違います。体重の多い人は厳しめに糖質制限を行い、痩せている方は糖質は半分程度に減らして、どちらもたんぱく質は必ず取るようにしてください。

糖尿病の方に限らず、ダイエットしたい人も、たんぱく質を取らないと筋肉が低下して、思うように体が動かず、転んだりけがしたりしやすくなります。1時間のウォーキングなど、しっかり運動したときなどは、筋肉が消耗していますので、30分以内にたんぱく質を食べるようにしてください。そうすると筋肉が徐々についていきます。2時間たつと無効らしいので、しっかり、運動した直後のたんぱく質の補給をしてください。最近は、運動後のためのプロテインドリンクなども良く売られていますので、そういったものもご活用くださいね。

ネットを介して処方せんが受け付けられます。

処方せんをこちらでも受け取れるようになりました。
処方せんの写メ、連絡先、メッセージを送っていただければ、お薬の準備ができますので、よかったらご利用ください。
薬局の内部の写真もちょこちょこ載っておりますので、よかったらご覧ください。
https://www.kusurinomadoguchi.com/okayama/s1000003585

夏のお腹。便秘?下痢?

なかよしやっきょくさんの写真だんだん夏っぽくなってきましたね。梅雨ですが、時々射す日差しがとても暑く感じます。

写真は我が家のベランダ。100円均一で買った野菜干し用の網の中に、何やら金髪のようなものが…。

これは実はトウモロコシのひげです。

私はトウモロコシは皮つきを購入して、ひげをてんぷらにして食べるのが好きだったのですが、今回はお茶にしてみました。韓国ではコーン茶と言ってよく飲まれるお茶なのですが、聞いたことがありますか?

実は夏にピッタリ。むくみを取る利尿作用があって、体の中の水分を調節してくれて、香ばしくて美味しいお茶になります。

体の中の水分、と言えば、下痢や便秘も大きくかかわります。最近、便が硬いな、と思った方はいらっしゃいませんか?水分の補給が足りてなければ、体から水分が減ってしまって、便の水分も少なくなるため、硬くなってしまいます。

 また逆に暑いからと水分を摂りすぎて下痢してしまう人もいます。気温があまり高くならない梅雨の時期は、湿気が多く、体の中に水分をため込んでしまって、むくみが出て、下痢気味になることもあります。また、エアコンでお腹を冷やす人もいますよね。

水分補給は大切ですが、氷のように冷たい清涼飲料水ではなく、野菜室(15℃くらい)くらいに冷やした、お茶やミネラル水がいいと思います。お腹を冷やしてしまうと、下痢や便秘の原因になります。水分補給に最適なお茶は、カフェインを含まない、その代わりにミネラルをたくさん含む、麦茶や野草のお茶です。もちろんコーン茶もおススメです。

 カフェインは利尿作用で体の水分を外に出してしまって、便を硬くしたり、腸の動きを悪くしたりするので、水分補給目的ではお勧めしません。緑茶、ウーロン茶、紅茶、コーヒーの飲み過ぎには気を付けてください。

食中毒性の下痢もこの時期出てきますが、そんな時は、OS-1のような経口補水液をお勧めします。ミネラルと水分をしっかり補給しないと、下痢による体液の喪失は重大です。すぐに脱水症をおこしてしまうので、おかしいなと思ったら、経口補水液を飲むようにしてくださいね。

疲れると出てくるヘルペス

なかよしやっきょくさんの写真

関西で起きた地震で被害にあわれた方には心よりお見舞い申し上げます。岡山は恵まれていますが、もし岡山が天災で被害に遭った時は他県はもっとひどい被害に遭っている可能性もあり、救援は来ないものと思うくらいの勢いで備えておきたいと思いました。

さて、昨日の朝、薬局の裏に植えているゴーヤに、静かにきれいな羽黒トンボが止まっていました。形が美しく、きれいな川にしか住まないと聞いておりますので、毎年薬局周辺に表れてくれてとてもうれしく思います。

さて、梅雨時の晴れ間は非常に蒸し暑く、温度差でもダメージを受けます。また、低気圧の関係で持病の腰痛などの痛みが強く出たり、頭痛したり、空が暗い日が続くと気分も滅入ってしまって、ストレスがたまって、色んな病気を引き起こします。梅雨時の体調不良はなかなか奥が深いです。

そんな時に患者様がにわかに増えたなと思うのが、風邪ひきさんと、ヘルペスさんです。ヘルペスウイルスによって引き起こされる症状もいろいろありまして、唇にできる口唇ヘルペス、背中、お腹、腰に激痛が走る帯状疱疹、性器ヘルペスなどが知られています。

ヘルペスウイルスは神経の中で増えますので、痛みが強烈です。お薬でウイルスを退治しても、神経が傷んでしまっていたら、痛みがいつまでも残ってしまうことがあります。なんだか痛痒い、おかしいなと思ったら受診されるのがいいかもしれません。また、市販の抗ウイルスの塗り薬がありますので、口唇ヘルペスなどはそちらで対応していただくこともできます。

帯状疱疹などは病院では即点滴、そして飲み薬や塗り薬が処方されます。しかし、ウイルスを殺すお薬というのは往々にして毒性が強く、腎臓を悪くするものがあります。なので、腎臓疾患のあるかたは、必ずその旨をお伝えくださいね。弱った腎臓を傷めてしまって、透析に移行してしまうこともあります。抗ウイルス薬を使ってヘルペスが治っても、上述のように痛みが残ることもありますし、疲れると再び出てきますので、一度なってしまった方は、ご用心ください。

ジメジメとお肌のジクジク。

なかよしやっきょくさんの写真梅雨の晴れ間の岡山です。今日は青空が気持ちいいです。写真はノブドウという野草です。よく見ると小さなつぶつぶの実が出来てきています。すごくきれいな紫色の実になるのですよ。でも食べられませんし、基本的に虫が中に住み着きます。今回刈り取って写真を撮りました。何のために刈ったかというと、お茶にするため。ノブドウは肝臓の薬として昔から知られていて、肝臓が元気になると、免疫が安定し、花粉症などのアレルギーが改善すると言われます。

私は特にアレルギーはないのですが、「アレルギーがある」と聞くとその人のためにせっせと摘みます。実が大きくなる前の、今が収穫時ですよ。

さて、この時期多くなるのが「水虫」。湿気が多いと、お家をきれいにして、体をきれいに洗っていても指の股が赤くなったり、水膨れみたいになって痒くなったりします。白癬菌というカビが住み着いているのですが、塗り薬ですぐによくなります。しかし、カビは胞子を作ります。その胞子が潜んでいる間は、塗り薬を続けた方がいいでしょう。すぐに成長してきますので、また再発します。なかよし薬局では、「よくなっても塗り薬は3か月続けてくださいね」とお伝えしています。糖尿のあるかたは、血流が少し悪くなっていることもあり、水虫になりやすいので特に注意してください。

また、もともとアトピーのあるかたが、悪化してくるのもこの時期。体温が上がると、かゆみは強くなります。痒くなってかいてしまうと、肌に傷がついてしまったり、肌が薄くなって知覚神経がもっと露出してきて、かゆみが増します。

そのような悪循環になってしまわないためにも、日ごろお薬を使っておられる方はそれを忘れないように、また、スキンケアも大切ですので、気を付けてください。ステロイドを極端に避ける人もいますが、今まで使っていたステロイドを急にやめてしまうと、「リバウンド」という現象で前よりも悪化してしまうのでお勧めしません。なかよし薬局では、病院でも使われる、アトピーに良いとされるサプリメントも扱っておりますので、お気軽にご相談くださいね。

怪我をしても、気温が高いので化膿してジクジクしやすいです。それを理解したうえで、治療に臨んでくださいね。

お尻の痛い話

なかよしやっきょくさんの写真

写真は八重のドクダミです。かわいいですね~。薬局のスタッフのおうちに生えているのを切ってきてくれました。早速花瓶に入れて飾ります。

そんなにかわいいどくだみの花は、見た目にそぐわず、すごい匂いがあります。皆さんご存知ですよね。八重も同じなのですが…。実はそのにおいの正体は「殺菌成分」。怪我したときにその汁を塗り付けると抗菌効果を発揮して化膿しにくくなります。

そして、このタイトルにある、お尻が痛くなる病気、つまり痔にも使われるのですね。長時間煎じた液を塗るとすぐよくなるらしいですよ。ドクダミは十薬とも言いますが、10種の効果を持つすごい薬なのです。便秘も改善するし、化膿症にも良いし、デトックスにもなりますし…。というわけで、今日はお尻の、痔の話をしたいと思います。

実はこの季節、痔の患者様が増えます。なぜでしょう。皆さん、なんだか最近お腹の調子がくるってませんか?世の中は雨が多くて湿気ている。また、お天気のいい日は汗を沢山かいてしまう。お腹の中の水分バランスが崩れやすい季節なのでしょう。汗を沢山かいたら体から水分が抜け落ちてしまって、便からも水分がなくなるから固くなる。また、逆に周りが水分一杯だから、腸の中にもいっぱい。また梅雨時で冷えると下痢してしまう。この、便秘や下痢が痔の原因になるのです。この時期は、冷たくない水分をしっかりとって体から水分が抜けないようにしましょう。お腹を冷やさないように、気を付けてくださいね。

肛門の中がうっ血して、そこが出血してしまうことがあります。内核痔の、切れ痔になるのですが、それは、お薬だけで治るみたいです。しかし、そのうっ血した腫れがどんどん大きくなってきて、外にはみ出してしまったら、手術しないと治らないみたいですね。でも生活に支障をきたさないのだったら、そのまま、お薬を使いながら、仲良く痔と暮らすこともできるみたいです。痛かったり出血がひどい場合は、お医者さんと相談してくださいね。

トイレに座る時間が長い人、水分をあまりとらない人、朝ご飯を食べない人、仕事が同じ体勢でいる事が多い人、お風呂はシャワーだけの人、などは、痔になりやすいそうですよ。思い当たりませんか?3人に1人は痔だと言われる世の中、恥ずかしがらずに、相談してくださいね。

健康セミナーやってます

なかよしやっきょくさんの写真ご存知の方も多いと思うのですが、なかよし薬局ではヘルシーセミナーを頻繁に行っています。街なかのカフェで、だいたい第3火曜の夜19:30~行います。時々総集編を土曜や日曜の昼間に行っております。(こちらを見てくださいね)

写真はその時の様子です。最近は、「漢方講座」が始まり、中医師(中国漢方の医師)の免許を持っておられる薬学生に解説してもらったり、7月20日には「薬草講座」として、美作の植物・薬草の専門家に来てもらってお話してもらったり、私も力を入れたかった「女性の健康サポートゼミ」として、6月29日から、更年期をはじめとした女性の体のケアの仕方についての講座が始まります。

もともと、こういう講座を持ちたいという思いを持って薬局の仕事をしていたのですが、きっかけとなったのは、周りの方からの問い合わせです。「テレビで○○って言ってたけど、どういうこと?」という同じ質問を、複数の友人、知人から受けることがありました。それで「もしかしたら、みんな聞きたいと思っている内容なのかも」と思って、親しいカフェ「Cafe B-style」のオーナーに相談し、快諾してもらって、実現したのが最初です。

皆さんご存知の通り、労働者人口は減少の一途、日本の借金は膨らむばかり、医療費、介護費は膨大になりすぎています。この先、高齢者の医療や介護、誰がその労力を担い、費用はいったい誰が負担するのでしょうか。それを考えたときに、一番大切なのは、「国民みんなが健康でいる事」だと、私たちは思います。医療も介護も必要なく、最後の一瞬、皆さんのお世話になって、一生を終える。これが理想ではないでしょうか。

そのために、私はどうやったら病気にならないのか、どうやったら今の病気が重症化しないのか、どうやったら健やかに過ごせるのか、について学び、皆さんにお伝えしていきたいと考えています。手提げ一杯のお薬を持って帰る患者様の姿を見るといつも心が痛みます。お薬が多ければ多いほどリスクも多いです。そして自己負担のお金、健康保険からのみんなのお金もかかります。薬を減らしたい、みんなを元気にしたい、という気持ちで行っているセミナー、ぜひご参加ください。時間や場所が難しければ、公民館、施設等どこでも出張いたしますので、お呼びくださいね。

食べ物の大切さ

なかよしやっきょくさんの写真

写真はこの前の土曜の午後に訪れた、倉敷のお寺でたくさん咲いていたアザミです。アザミは華やかな野草で、たくさんの種類があり、ヨーロッパでもよくみられます。アーティチョークというお野菜をご存知でしょうか。それもアザミの一種の巨大なつぼみなのです。アザミは婦人科の不調に使われたり、成分が肝臓の薬になったりするそうです。根っこをきんぴらにしたり、葉っぱを火であぶってから炒め物に使ったり。いろいろできます。

さて、このお寺では、自主上映の映画の上映会があり、それを鑑賞しに行ってきました。何の映画だったかというと、「いただきます」というタイトルの、福岡の、とある保育園のドキュメンタリーです。給食にとても力を入れていて、無農薬野菜、無農薬のお米を使い、年長さんのクラスのみんなが、自分たちで保育園全体のお味噌を作ります。その量、毎月100kg。実は、これは、普通の街なかにある認可の保育園です。

玄米、お味噌汁。これは毎日必ず使用されるメニューで、肉、卵、牛乳は全く使用せず、タンパク質は納豆などの豆類、もしくは魚で補います。それを始めた先生は、86歳まで園長を続け、園長を交代しても、約40年続けているという保育園です。アトピーなどのアレルギーで悩む子どもたちが入園すると、半年でだいたい改善するという不思議な保育園。

ここでは、赤ちゃんは離乳食からお味噌汁を飲むようになるのですが、映画では、息継ぎをほとんどせずに、ぐびぐび飲み干します。体が要求する飲み物であるかのようにすごい勢いで吸い込んでいきます。

大きな子どもたちの外遊びは結構激しく、急な山の斜面を、木の根っこの隆起を足掛かりにみんなで登ります。体を一杯動かした後の給食、お腹ペコペコで、がつがつ食べて、全員ほとんど残飯ゼロ。考えてみてください。皆さんのご家庭で、いま、お子さまに同じメニューを出して、残飯ゼロにできるでしょうか。

その保育園の子どもたちは、健康体で、インフルエンザが流行しているときも、学級閉鎖なし。これが食べ物の力です。生きる力を身に付けて、元気に小学校へ進学していきます。自分の家の食事を振り返って、子どもたちが小さい時、どうだったかな、と考えさせられる映画でした。皆様にも、ぜひ見て頂きたい映画でした。

かかりつけ薬局、かかりつけにできない?

なかよしやっきょくさんの写真

朝の水やりをしておりますと、何やら足元の草の中で動くものが…。よく見ると小さな殿様バッタでした。

物陰に隠れているところを写真に撮ってみました。3cmほどの大きさですが、形が間違いないですので、小さくても殿様。

薬局の周りは精霊バッタを毎年もう少し暑い時期によく見ますが、殿様バッタはまれです。カエルもアマガエルばかりで、殿様ガエルを見ることはあまりありません。さらに山に入ると、殿様バッタも、殿様ガエルもよく見かけますけれど。皆様の周りではいかがでしょうか?

さて、皆様、今の世の中「かかりつけ薬局、かかりつけ薬剤師、かかりつけ医を持ちましょう」と言われると思います。それは、自分の事をよく知っている、信頼できる薬局やお医者様を見つけて、何か少し気になることがあれば何でもそのお医者さんや薬剤師に相談し、必要であれば専門医を紹介してもらってそちらで受診し、さらに、処方せんが出たら、かかりつけ薬局に持って行って、飲み合わせのチェックや体質に合ったものかどうかチェックしてもらいましょう。と、いうものです。私はそれには賛成ですし、私をかかりつけ薬剤師にしてもらえると嬉しいのですが、残念ながらかかりつけ薬剤師はさほど普及していません。

それはとても理想的なアイデアなのですが、数か所の病院に日常的に通っている人が、病院の目の前の薬局ではなく、かかりつけの薬局に処方箋を持って行っても、そのお薬がない場合が往々にしてあります。後で配達や郵送してもらったり、改めて取りに行くのが面倒になります。それから、車の運転をしない人は、かかりつけ薬局に行こうとしても、バスの乗り継ぎが大変だったり、タクシー代が余分にかかったりします。それが、かかりつけ薬局を持つことを困難にしていると思います。

しかし、かかりつけの方が安心なのは間違いないです。もし、薬局をかかりつけにしようと思ったら、その旨をその薬局に伝え、「○○という薬と○○という薬をいつも飲んでいるから準備してほしい」と伝えておくと、その薬局も皆さんのために薬をあらかじめ準備することができます。それで、処方せんをお医者さんが出されたときに、FAXや、スマートフォンアプリ電子お薬手帳の「処方せん画像送信」ボタンでかかりつけ薬局に送信しておくと、取りに行ったときには準備ができていたり、準備ができたものを配達してもらったりできますので、ぜひご利用ください。