Archive for なかよしやっきょく

終活とハンドトリートメントとお仕事の話

なかよしやっきょくさんの写真

9月の「なかよしニュース」で特集させていただきました、終活コーナーに登場していただいた赤川さん。本日もお越しくださって、待合室の小さなテーブルで患者さんがお薬出来るのを待っている間にトリートメントしてくださいました。
月に一度やってくる、終活の専門家の 赤川 直美 (Naomi Akagawa)さんは、上手に患者さんにお声をかけて、やさしいオイルで手を取って、その手から感じられることをお話になります。そしてじんわりと患者様の心が和み、さいごは終活の話へ。お薬手帳に挟む、「自分の身に何かあった時の連絡先」を書くシール用紙をプレゼント。無料でトリートメントしてくださいますので、「今日来てラッキーだったわ」と言って、皆さんお帰りになります。
「自分に何かあったら」って意外と考えてないですよね。家族や周りの人が困らないように、誰に何を託すのか、何がどこに置いてあるのか、わかるようにしておくのはとても大切なことだと思います。もちろん、若い人も同様です。私も終活のノートは書いています。
さて、手を触ってもらうとすごく心が和むのですが、やはり不安な時などは誰かに手を握ってもらうと元気が出ますよね。心に対する効果はもちろんわかっているわけなのですが、さらに精油を少し使用することでリラックス効果が上がります。ハンドトリートメントは、ほぼマッサージのような感じなのですが、手には全身のツボが凝集していますから、全身に良い影響を及ぼすのですね。
ところで、今朝聞いていたラジオで、ITの専門家が「将来なくならない職種」に「マッサージ師」を挙げていました。IT技術が進むとロボットが人の代わりに行うことが可能な仕事が増えてきます。内科医や薬剤師も(私はびくびく)・・・?税理士、行政書士や司法書士に関しても同様に言われるのですが、「マッサージ師」はなくならないだろう、と話していました。それはやはり、心に対する効果はロボットでは得られないのだろうと思うからとのこと。安心できる相手にマッサージしてもらいながらコミュニケーションをとると、心身ともに癒されますよね。やはりそれはきっとロボットでは無理なのでしょう。
今回は取り留めのない話になってしまいましたが、最後までお付き合いありがとうございました。

むくみの話

なかよしやっきょくさんの写真

写真はアケビです。患者様が、お散歩途中に出会ったアケビをたくさん取ってきてくださいました。アケビは白い実の中に黒い種がたくさん入っている果物。

中の実は食べられるのは皆さんよくご存じだと思うのですが、アケビの白っぽい皮はお料理して食べられることご存知でしたか?おナスみたいにお料理できるようです。さっと湯がいてあく抜きをして、甘辛くお味噌などで炒めたり、肉詰めにしてフライにしたりできるのこと。私も今回やってみようと思います。

それから、実はアケビは立派な生薬で、漢方薬にもたくさん含まれています。それは実ではなくて、つる性の茎です。茎を輪切りにして乾燥させたものが「モクツウ」という生薬で、利尿作用があり、むくみに効果があります。また、炎症を抑える作用があるので、鎮痛薬や、子宮内膜炎、膀胱炎にも使用されます。つるや葉を乾燥させてお茶にして飲むこともできます。今回ちょっと葉っぱもついたのをいただいたので、洗ってから干してみようと思います。

そんなアケビにちなんで、今回はむくみの話をしたいと思います。

 女性は生理前から生理中にかけてむくみを起こす人、妊婦さんもむくみが多いですね。それはホルモンバランスの関係。

 立ちっぱなしや座りっぱなしの体勢が続くと足がむくんでくるという人は、重力の関係で下に水が溜まります。筋肉を使って動いていると、筋肉の運動によって足の水分は上にあげられるのですが、じっとしてるとどうしてもむくんでしまいます。筋肉量の低下はむくみの原因になりますので、運動不足や、加齢による筋肉の衰えで足のむくみは出やすくなると考えられます。

 お酒をたくさん飲んだり、塩分をたくさんとると次の日の朝、顔などのむくみが激しいということがありますが、それは寝ている間にからだ中の塩分などの濃度を薄めるために水分が分配されるからです。それは日中に活動しているうちに改善します。気を付けたいのは心臓や腎臓の病気、薬の副作用によるむくみです。日常生活を続けていて、全く治らないむくみは、お医者様に相談するようにしましょう。

がんのおはなし

なかよしやっきょくさんの写真

朝夕涼しくなって、日中の陽ざしに疲れますが、秋らしくなってきましたね。写真はコスモスですが、風に揺れるコスモスを見るととても癒されます。濃いピンク、薄いピンク、白など、いろんな色が混ざっていて、道端にときどき見かけるコスモスの群生はとてもかわいらしいと思って眺めます。

なかよし薬局では丹羽免疫研究所のSODマイルドという健康食品を扱っています。胚芽・大豆・糠・はと麦・小麦・ごま油・ゆず果汁・抹茶・ 杜仲茶・ごま・麹などの自然植物や穀物から遠赤で火を通して成分を抽出したものになりますが、「体内の活性酸素の働きを除去する」ことで、アトピー性皮膚炎やがんの治療に実際に使われているものになります。今朝スタッフとたまたまそのようなお話になりまして、そもそもがんの発生理由についてちょっと書いてみようかなと思いました。

がん細胞は外からやってくるのではなく、中から発生します。外からやってくるのは、たばこの煙や農薬・食品添加物・排ガスなどに含まれる発がん性物質です。それらは体の中で代謝を受けたときに活性酸素を発生します。活性酸素は細胞の遺伝子を傷つけます。細胞の遺伝子には、その細胞がある程度分裂したらストップがかかるようなプログラムが組み込まれているのですが、そこを活性酸素によって破壊された場合、細胞が分裂をやめることができず、どんどん大きな組織になってしまいます。それががんの発生です。がんは知らないうちに体内でちょこちょこ発生しては消えています。それは体の免疫力が勝っているからです。でも追いつかなくなると白血球数も多くなります。白血球も活性酸素をたくさん出すので悪循環となりがん細胞が加速度を増して増えます。ストレスによっても活性酸素は発生します。

発がん性物質に触れない生活、活性酸素を消していく食生活、ストレスを感じない気の持ちよう、心がけていますか?がんを治すのは、実はお薬ではなく普段の生活だということをお忘れにならないようにお願いします。

風邪には誰でも葛根湯?

なかよしやっきょくさんの写真

 こちら岡山も先日は大きな台風が通過しました。台風18号の被害にあわれた方には心よりお見舞い申し上げます。アメリカのハリケーンやメキシコの相次ぐ地震、ヨーロッパでのテロ事件、北朝鮮のミサイル発射など、世界ではいろんな大きな悲しいことが発生していて、少し心配になります。
さて、なかよし薬局では台風の風にあおられて、西の窓のゴーヤのグリーンカーテンの留め具が外れてしまいましたが、その他は特に大きな被害もなく、休み明けからもいつも通り業務を行うことができています。ゴーヤも収穫が続いていて、カーテンは応急処置で直しまし、まだゴーヤが食べられそうでとても嬉しく思っています。
写真は昨夜行いました「Dr.ちづこのヘルシー講座」の様子です。毎月第3火曜の夜に、地域の皆様に体と薬のお話をして「薬のいらない体づくり」のお手伝いをさせていただいております。今回のテーマは「西洋薬と漢方薬の違い」だったのですが、皆様ご興味お持ちいただいて、たくさんの方に聞いていただくことができました。漢方薬は「長期間服薬」する「体質改善」のイメージが大きいと思いますが、困ったときにすぐに効く漢方薬があることや、四診(望診、聞診、問診、切診)を用いて行う漢方の診断方法、同じ病気でも人によって使う漢方薬が違ってくることなどに、面白みを感じてもらえたようです。
漢方は、病毒(病気)が体力(免疫力)と戦っている時に送り込む援軍で、その戦況や戦場の状態によって使うものが異なってきます。風邪には「葛根湯」と思っておられる方が多いと思いますが、それが本当にご自身の体に合うものなのか、一度専門家に相談するほうが良いかもしれません。葛根湯は一般的な風邪薬で市販されているものも多くありますが、体力がない人が飲むと体を壊してしまったり、まったく効かなかったりすることがあります。漢方薬は学びだすと奥の深さに気が遠くなります。でもとても面白い学問。またセミナーで特集しますので、ぜひ遊びに来てくださいね♪
次回は「薬に頼らないための十戒!」10月17日19時30からです。 いつものCafe B-styleさんで、おいしいスイーツいただきましょう(^^)/

秋風邪に注意

なかよしやっきょくさんの写真

秋とは言え台風の影響で相変わらず暑い、9月中旬となっております。暑さ寒さも彼岸までということで、秋分の日を楽しみに過ごすことにしましょう。おかげさまで薬局のゴーヤのグリーンカーテンは相変わらず元気で、まだ5・6個の実をぶら下げています。昨日、窓を内側から見ると、前に見た時よりかなり成長したヤモリがぺったりとくっついていました。今朝にはつがいで薬局の中に侵入していて、薬局スタッフにやさしく外に連れ出されていました。手を大きく開いて、しがみついている姿は可愛らしいですね。苦手な方、ごめんなさい。
さて、東京のほうではすでにインフルエンザによる学級閉鎖が出たとのこと、早いですね。皆さんの身の回りは、咳をしている人が多くありませんか?
私の息子はのどが痛いと言っておりますし、薬局にも風邪の患者様がちらほらやってくるようになりました。そんな私も疲れがたまると咳が出ます。
秋風邪というのは夏風邪と同じように割と長引くそうです。日中はとても暑いので疲れがたまってしまうのでしょうね。体力が低下するとウイルスはなかなか減りませんので、体力の回復に努めましょう。よく眠ることが第一ですが、体を冷やさないように、できるだけ温かいものを飲食するようにしてください。
今は台風の影響で空気が湿気を含んでいるところもあると思いますが、基本的に秋には空気が乾燥してきます。日中湿度が高くても気温が下がる夜には結露となって流れていきますので、次の日中は相対湿度が前日に比べると下がります。空気が乾燥するときはウイルスが元気になるときです。
逆に湿度が下がると人の粘膜は乾燥して、バリア機能が下がってしまいます。ウイルスが入ってきやすい状況を作ってしまうため、風邪やインフルエンザに感染しやすくなるのですね。皆さんがお疲れになって空気が感染してきているこの時期、インフルエンザが流行しだすと厄介です。
秋風邪、体力低下に気を付けて、無理しないようにお過ごしくださいね。

秋の野草

なかよしやっきょくさんの写真このところ、朝夕の気温がぐっと下がって秋めいてきました。昨日岡山県の美咲町というところにある棚田に薬草を見に行ってきたのですが、そこできれいに実ったホオズキをいただき、薬局に干しています。ドライフラワーにできるそうです。
後ろは夏の名残のグリーンカーテンですが、前にホオズキが飾られることでぐっと秋らしくなりました。
ホオズキの実は食べられることを前から聞いておりましたが、昨日初めて食べることができました。種がない、不思議なすっぱい果実という感じで、思ったよりとてもおいしかったのでびっくりでした。ホオズキは根と全草を乾燥して薬用にできるそうで、昔から、咳止め、解熱、利尿剤として使われていたようです。ただ、妊婦さんには堕胎の作用が出るようで、使用できません。
棚田周辺には、クズ、オミナエシ、ハギなどの「秋の七草」の野草が見られました。秋の七草にはほかに、ススキ、フジバカマ、キキョウ、ナデシコがあります。それぞれが食用もしくは薬草として使用されてきたものです。クズの花は葛酒にして使われます。肝機能の改善効果があるそうで、根は良質なでんぷんを含むのでくず湯や葛根湯に使用されています。オミナエシは全草を乾燥させて煎じることで鎮静、消炎作用が、ハギは女性特有ののぼせ症状などに良いそうです。フジバカマはつぼみのころに全草を乾燥させ、利尿、黄疸、通経に使われるそうです。キキョウは咳止めなど、ナデシコは通経、消炎、利尿などに使えるそうです。身近な植物ですので、少し探してみるのも楽しいと思います。
秋の七草の写真はこちらのページにたくさん載っていました。

国体壮行式に行ってまいりました。

なかよしやっきょくさんの写真

なかよしやっきょくさんの写真

昨日の事ですが、第72回国民体育大会、愛媛国体の岡山県選手団の第一弾の壮行式がありました。弓道、水泳、カヌーの選手とコーチ、監督の皆様が出席されていました。
なかよし薬局の中山が、岡山県薬剤師会アンチ・ドーピング小委員会の一員として参加し、アンチ・ドーピング講習を行ってまいりました。
JADA公認スポーツファーマシストの資格を持っておりますので、このような機会に恵まれてとてもうれしく思います。
昨年の岩手国体でははじめて国体でドーピング検査陽性の選手が出てしまいましたので、それについても詳しくお話しさせていただきました。
優勝候補の選手もいらっしゃいますので、緊張いたしましたが、皆さんの真剣なまなざしのおかげで、最後までお話しすることができました。
ドーピングゼロで、いい成績で帰ってきてくださいね!

夏の終わり。夏の疲れ。

なかよしやっきょくさんの写真

日中は暑いですがもう秋ですね。8月最終日、宿題に追われる子どもたちをよそに、私は空を見上げて秋らしい雲を見るのが好きです。天高く、馬肥ゆる秋。すがすがしい気持ちになります。
ところで、今年の夏はとても暑い夏でした。今日も「いつまでもあちいなあ」と言って帰られる患者様もちらほら。異常に暑い夏を過ごすとお盆明けから夏バテが始まります。夏バテは夏の疲れと、朝夕の温度差で自律神経が追い付かなくなることで起こります。
疲れという形で免疫力が落ちるとウイルスや菌に感染しやすくなり、夏かぜになったり、膀胱炎になったりします。また、疲れが取れていないと熱中症になりやすくなることもあります。胃を悪くしてしまう方もこの時期多いです。
夜になると気温が下がるこの時期、体が冷えるとさらに免疫力が低下するので、夜にはちゃんと毛布などを準備してお休みくださいね。窓の開閉はこまめに。
熱中症はいろんな形で現れます。頭痛、だるさ、そして足がつる、こむら返りなどの筋肉のけいれん。明け方のこむら返りはとても痛いですよね。なかよし薬局ではまだ経口補水液のOS-1が良く売れていきます。
熱中症に必要なものは水分とミネラル。筋肉伸縮運動に必要なカルシウム、マグネシウムや亜鉛などのミネラルを、塩以外にも摂るように気を付けましょう。海藻や貝類などの海のものを取られるのが一番いいですが、にがりの入った塩を使ったり、地中のミネラルをしっかり吸い上げた、野草などを取り入れられるのもいいと思います。
しっかり睡眠をとって疲れをいやして、これから始まる、スポーツ、食欲、読書などの楽しい秋に備えてください。

熱中症と鼻かぜ

なかよしやっきょくさんの写真朝少し涼しくなってきたと思いきや、すごい湿気で蒸し暑い日が続いていますね。こんな天気で元気なのは夏野菜の苗。なかよし薬局の西側のグリーンカーテン、ゴーヤの苗はとても元気で、写真のようなゴーヤの実をこのところ毎日収穫させてくれます。何週間か前、「雌花が咲かない」と言っていたのですが、苗がある程度の大きさにならないと咲かなかったのですね。知らないうちに奥の方で開花して、たくさんの実りを与えてくれています。スタッフと分け合って美味しくいただいています。
さて、今日はなんだか鼻かぜの患者様が多いので、タイトルに書かせていただきました。熱は微熱程度で、熱中症かなと思っていたら鼻水が出てきた。ということで受診される方が多いように思います。

鼻水をとめる漢方薬、咳が出る人には咳を和らげる薬が、頭痛がひどい人には頭痛薬が処方されることが多いです。

熱中症の場合も、熱が出ることがありますし、頭痛や吐き気を伴うことがありますが、やはり風邪を引いても熱が出たり頭痛したりします。どうも今日お越しの患者様はどちらもミックスされているような感じで、水分と塩分をしっかりとって休んでくださいというアドバイスをさせていただきます。血圧の高い方には、塩分とは言わずに、ミネラルを取ってくださいと申します。塩でも海の水からとったもの、カリウムを多く含むものを使うようにしてください。塩に含まれるナトリウムを、カリウムというミネラルが外に出してくれますので、血圧が上がりにくい塩になります。

熱中症で体力が低下していると風邪のウイルスも感染しやすいので、暑さがかなり長引いた今頃に、風邪が流行ってくるのでしょうね。暑いだけで体力を消耗しますからね。

エアコンで体が冷えすぎることも良くないでしょう。夜は暑いのですが、できるだけエアコンの温度は高めに、もしくは窓を開けて寝られるところでしたら開けて、扇風機の風も直接当たらないように、上手に使用しながらきっちり休むようにしてくださいね。

お盆休み、不安ですか?

なかよしやっきょくさんの写真

 台風一過でしたね。現在、台風5号は温帯低気圧となり、まだ東北の方で停滞しているようですが、被害にあわれた皆様にはお見舞い申し上げます。台風が上陸する前は、岡山は直撃ルートだったのですが、結局東にそれていき、降雨量も風も恐れていたほどではなかった、晴れの国岡山です。写真は台風が過ぎた後に見えた太陽光です。まだ水滴の残る車のサイドミラーに、きれいに映りましたので、写真を撮りました。
なかよし薬局は11日よりお盆休みに入ります。16日から通常営業します。大きな病院は変わりなくお盆も診療を続けておられるのですが、個人の病院は、お盆はお休みなるところが多いと思います。
「5日も休むの?その間に体調悪くなったらどうするの?」と尋ねられることが多いのですが、そうですよね、そういわれたらこちらも心配になります。
いつもの薬は早目にもらうなどの対応ができるのですが、急な体調不良やけがなどは心配になることが多いと思います。心配だと思うとますます調子が悪くなる人もいるでしょう。
調子が悪い時、この程度なら休み明けまで待ってから病院に行くべきなのか、救急車を呼ぶべきなのか、本人では判断できかねるときがあります。そんな時に相談できる人が居るといいですね。
家族が居たら家族に相談できますし、かかりつけ薬剤師をお持ちの方は連絡先を持っているので連絡がつくでしょう。かかりつけのお医者さんも電話で連絡がつくときもあると思います。たまに私のところにもお電話いただくのですが、どうしても処方せんの薬が欲しいと言われると…? なかよし薬局の地区では輪番と言って、交代で休みの日に開けている病院があります。そちらにまずかかっていただくようにお知らせして、お薬をお渡しできるようにします。私が遠方にいて対応できないときは開いている薬局をお知らせするようにしています。
お盆は家族が集まったり、お墓参りに行ったり、普段と違うことをしますので、いつもと違う体調不良が起きることがあります。十分気を付けてお過ごしください♪