植物の精油の話

 なかよしやっきょくさんの写真昨夜からようやく梅雨らしくなり、じめじめした季節になりました。
写真はそんな季節に清涼感を与えてくれるペパーミントの花です。私が車を停めている駐車場に群生していて、今は一斉に開花し、いい香りを漂わせてくれています。よくケーキなどに飾ってあるミントの葉ですが、あまりお花は見ることないですよね。白くて、見た目にも涼しげな花です。
せっかくですので、今日は精油の話をしようと思います。ペパーミントは、「ハッカ」と言いますよね。「ハッカ」はお口に入れたらスースーします。口の中が冷たくなった気分になりませんか?これはハッカの精油に含まれる「メントール」という成分の仕業です。
メントールは、冷たい湿布にも含まれているのをご存知ですか?いわゆる湿布の匂い。湿布を貼るとすごく冷たく感じますよね。でも実際の温度は下がってないのです。なぜ冷たく感じるのかというと、体の表面にある冷たく感じる神経を興奮させる受容体を元気にするからなのです。なので、実際温度を下げなくても、脳は「冷やされた」と思うんですね。
その逆で、トウガラシの精油成分「カプサイシン」を含む湿布は温湿布として使用されます。ぽかぽかしてくるのは、カプサイシンが温かいと感じる受容体を刺激するからなのです。それで血流も良くなって、温かくなります。そのままお風呂に入ってしまうと、熱く感じてひりひりすることがありますので、温湿布はお風呂の前は早目にはがしてくださいね。
ほかに、ラベンダーやカモミールの精油成分は、脳の中にあるGABA(γ―アミノ酪酸)の受容体を元気にします。GABA受容体はリラックスしたり、眠りを誘発する神経ですので、イライラしたときや、あまりたくさん眠れない方は、このアロマをお部屋で炊いて、お休みされるととても良いと思われます。
受容体に関連しなくても、ユーカリやティーツリーの精油には殺菌効果があり、風邪ひき予防に最適です。このように、植物の精油(アロマオイル)もいろんな効果がありますので、ぜひお試しくださいね。

検査の季節

なかよしやっきょくさんの写真

梅雨に入ったのに一向にまとまった雨が得られない岡山市内ですが、田植えは順調に進んでいるようです。私が大好きな田植えの季節。もちろん、見ているだけだからそのように思えるのですが、田植えを終えたばかりの田んぼは、鏡のように空や山を映し、整然と並んだ苗が本当に美しいですよね。

雨がまだ少なくて、農家の皆さん、田んぼに水を引いたり、畑の水やりをしないといけなかったり、大変ですが、熱中症に気を付けて、体を壊さないように頑張ってくださいね。

さて、6月1日から岡山市の検査が始まり、近隣の病院にも検査の方が沢山お越しになっています。検査結果に一喜一憂する時期が始まりました。また、お隣の病院では胃カメラができるので、胃カメラの後、麻酔が切れきっていない状態の患者様が楽しいお話をして帰ってくださいます。「お金、払ったかな?」と何度も確認されたり、質問の内容や薬の説明を理解するのに時間がかかったり。胃カメラでは、喉に異物が入ってきた時に吐き出そうとする反射を抑えるために軽く麻酔を行うことが多いようです。それで眠ってしまう人、全く効かない人、いつまでも麻酔が切れずにぼんやりしている人、色んな人が居るようですね。

検尿、検便もいろいろ事情で出にくい人は、水分摂取に薬局にお越しになります。コーヒーやお茶を置いているので、飲んでいって、それで何とか対応されたり、それでも結局後日になったり。

血液検査で採血するにしても、人によっては何回もあちこち針を刺さないといけなくなって…

健診1つ終わらせるのもなかなか大変です。

でも、これで薬が減る人だっているんです。検査をしたら基本的に薬が増える、と思って恐れている人が多いですが、血液がきれいになっていたら、もう飲まなくてよくなる薬だってあります。前向きに、正しい食事、適度な運動!そして何より明るい笑顔が皆さんの体を元気にしますので、ご家族や周りの人と毎日楽しく笑ってお過ごしくださいね。

蚊が飛んでいます

なかよしやっきょくさんの写真

晴れの国岡山も、梅雨が近づいてきて、雨や曇りの日が増えてまいりました。写真はある晴れ間に、花壇のシロタエギクにやってきたかわいいモンシロチョウです。
シロタエギクは黄色い花が咲くのですが、まだ薬局の花壇ではつぼみです。意外と蜜がなさそうなこの花に、チョウは集まってきます。今日のモンシロチョウは、葉っぱにとまっていました。蜜が全く取れないと思うのですが、かなり長い間とまっていましたよ。白く輝くこの葉っぱが、花びらみたいに見えたのでしょうか?産卵のためにとまっていたのかな?ちょっとわかりませんが、シャッターを切ると、かわいくふわふわ飛んでいきました。
チョウも元気な夏、ほかの虫もどんどん元気になってきます。人にとっては迷惑な虫も、増えてまいります。
夜中に耳元でささやく蚊の羽音…。一気に眠れなくなりますね。蚊にもいろいろありますが、人の血液を吸うのはメスの蚊です。ある国ではメスの羽音と同じ周波数の音を鳴らして、それに集まってくるオスを集めて処分して繁殖を抑えるという試みがされているとか。オスに比べてメスの羽音は低い、と聞いたことがあります。
さて、蚊に刺されると痒くなりますよね。血液を吸うときに、蚊は血液が固まらない成分を含んだ唾液を出します。その唾液のせいでかゆみが出るのですが、ご存じだったでしょうか?血液を吸われるだけだったらこんなに腫れたり痒くなったりしないのに・・・。
中には蚊アレルギーの方もおられます。大きく腫れるだけではなく、全身に倦怠感、発熱などの症状が現れることがあります。それは蚊の持つEBウイルスが原因ともいわれているそうです。私も大きく腫れて静脈に沿って真っ赤になるのですが、アレルギーなのかなあと思ってしまいます
しかし、幼い時から頻繁に蚊に刺されたり、高齢になってきたりすると蚊に刺されても無反応になるそうで、私も早くその領域に達したいと思う次第です。
とりあえず今は虫よけ。なかよし薬局の100%天然成分の「キキリキラ」虫よけスプレーは、効き目ばっちり、赤ちゃんも、デリケートな肌にも優しく使えます♪

夏かぜ・足つり流行中

なかよしやっきょくさんの写真

写真は昨年撮影したものですが、帰化植物のオオキンケイギクです。いろんなところで今の時期はたくさん咲き乱れ、コスモスみたいに風に揺れてとてもかわいらしいですね。道路沿い、土手沿いによく見かけます。

残念ながら帰化植物だから駆除対象ではあるのですが、ここまでなじんでしまえば、すでにこの季節の風物詩ともいえるかもしれません。

さて、タイトルにもある通り、今、風邪が流行っています。暑くてしんどいのに、なぜか喉が痛いというところから始まり、喉の痛みが治まりきらずに咳に変わり、咳が止まらなくなって眠れなくなって受診される方が多いです。熱はあったりなかったり、鼻水が出る方は多く、基本的に頭が重い方が多いです。

喉の痛みのきっかけは、PM2.5、花粉の飛散、黄砂の飛来など、さまざまです。アレルギーが起きてのどの粘膜が荒れて、そこにウイルスが入ってきます。それで風邪を引いたら、日中の暑さで体力を奪われ、風邪が治りにくくなります。そういった循環で、今年は花粉と黄砂が多かったからか、風邪で咳が治まらない方が多いですね。日中の暑さは敵です。しっかり涼んで休んでくださいね。

それから風邪のほかに、足が明け方につるとおっしゃる方も多いです。脱水症、熱中症の時に見られる症状ですが、汗と一緒にミネラル分が流れていってしまって、足がつります。筋肉の動きにミネラル、特にマグネシウムや亜鉛が不可欠なのですが、そういったミネラルは現代人は不足しています。なのでちょっとした汗や暑さですぐに足がつってしまうのです。

ミネラルは海に沢山あります。海からとれた塩、海の貝類や海藻類など、しっかりミネラルを含んだものを食べて頂いて、足つり予防に努めてください。

ちなみに、なかよし薬局で販売しております薬草茶(野草茶)にもミネラル分が多いため、そちらもちょっと宣伝がてらおすすめしております。

肥料や水をもらわずに根をしっかり張って育つ野草は大地のミネラルをしっかり含んだ栄養の宝庫です。「日々の薬草茶」是非どうぞ♪

薬の飲み合わせ

なかよしやっきょくさんの写真

今日は久しぶりの雨で少し涼しくなった岡山市内です。このところ暑くて乾燥した日が続いていたので、黄砂の影響や暑さの疲れから、喉を痛める人や、アレルギーに苦しむ人が多かったので、少し安心です。
喉を痛めてしまうと風邪もひきやすく、気温が高いと体力を奪われますので風邪の治りが遅くなります。これからの季節、風邪を引くと厄介ですので気を付けてくださいね。
写真は薬局の南側に植えているトマトです。今年は苗が良く育って、開花が早くて、実の付きがいいので収穫が楽しみです。雑草だらけなので、薬局にたびたびお越しの方は「どこにトマトがあったっけ?」と思われるかもしれませんが、実はあるんです。ほかにも、ネギをひそかに植えたりしています。これから、ゴーヤを薬局の西側に植えて、グリーンカーテンにしようともくろんでいます。農家の患者様が多い中、恥ずかしいのですが、自分の育てたお野菜を食べるのって幸せですよね。上手にできたらスタッフとみんなでいただきます。
さて、今日は薬の飲み合わせについてお話ししたいと思います。薬剤師は、薬と薬の飲み合わせを調べるとき、添付文書(薬の効能書き)を参考にします。添付文書に「併用禁忌」と書いてある薬は、絶対一緒に飲んではいけない薬です。生命の危険がある場合など、非常に危険な時、このような表現になります。ほかに、「併用注意」と書いてある薬は、どちらかの効果が減ってしまったり、逆に強くなってしまったり、副作用が出やすくなったりする組み合わせですので、できたら一緒に飲まない方がいい薬になります。
しかし、年齢とともに薬がどんどん増えていく患者様がいらっしゃいます。10種類以上になってくるとどうしても相互作用がある薬が何組か、一つの処方せんの中に入ってきます。「併用禁忌」の組み合わせは処方したお医者様に連絡して変更していただくのですが、「併用注意」については効果が大切か相互作用の回避が大切かをよく考えて、場合によってはお医者様に連絡して変更、または中止してもらいます。
しかし、「その薬はなくなったら困る、貰っておきたい」と言われる患者様も。気持ちはわかるのですが、お薬は飲まないに越したことはないです。飲まなくていい体になるためのお手伝いをしたいと常々考える、なかよし薬局でございます。

暑くて寒くなる季節

なかよしやっきょくさんの写真

暑くて寒くなる季節

5月16日、毎月第3火曜の夜はカフェセミナーです。Dr.ちづこ(Dr.というのはお医者さんというわけではなくて、博士号のことをDr.と表現しています)のヘルシー講座と題して薬を飲まなくてよい体にするためのお話をさせていただいております。
このたびは「すいみん薬って恐いの?」というテーマでしたが、これまでで一番たくさんの方がお越しくださいました。皆さん熱心に聞かれた後も、質問されて、睡眠に関しての関心の高さを実感いたしました。「なぜ眠るのか」「眠りの仕組みはどうなっているのか」「ちゃんと寝るにはどうしたらいいのか」「すいみん薬の副作用」などについてお話しさせていただいて、すいみん薬をたくさん飲まなくていいようにする体づくりをできるようにお話しさせていただきました。
この季節、不眠に悩む方は多くすいみん薬の処方量が若干増えているような気がいたします。不眠だけでなく、風邪きや、血圧の不安定、便秘を訴える方も増えています。黄砂もまだ飛んでいますし、アレルギーから風邪になる方が多いのかもしれませんね。
毎日何を着ようか迷うこの季節。長袖にしようか、半袖にしようか、上着は何枚用意したらいいだろうか・・・。それを失敗してしまうと、昼に熱くなりすぎたり、夜に寒くなりすぎたり。風邪をひくのも無理はありません。また、気温に応じて自律神経が体の調子を整えるのですが、その自律神経そのものが調子悪くなってしまうのもこの季節です。温度に合わせて血圧を上げたり下げたりしないといけないのに、それができないとか、汗をかくときにかけなかったりとか、暑いと感じることができなかったりとか、そういった不具合が生じてしまうのです。この時期に上述のような体調不良が起きやすいのです。
どうしたら季節についていける体になるのでしょうか。それは旬のものを食べることだと考えています。動物や植物も季節に合わせていろいろな変化をしています。その季節に合った成分を体内で作りだしているので、それを取り入れて食べることが良いと思われます。年中同じように供給されるものよりも、旬を選ぶようにしましょう。

5月病がやってきた

7日(日)に、(株)いち、なかよし薬局の中山、薬草茶を作ってくださっている後藤さんの3者でイベントを行いました。写真は薬草摘みに出かけた美咲町の棚田です。日本の棚田百景に選ばれた大垪和西棚田。水が入っている田んぼがあり、きれいな晴天が映り込んで本当に見事な景色でした。  満員御礼で、お子様から大人の方までみなさん満足いくまで薬草を摘んで、楽しく過ごしていただきました。棚田の薬草は何もかもが大きくて、本当に摘み甲斐がありました。参加された皆様は持ち帰った薬草を早速干したり、お料理にしたりされているようです。お話も熱心に聞いてくださり、私も本当にうれしく思いました。

さて、5月病の季節がやってきました。ゴールデンウイークが終わって、休み中にリズムが壊れて平日がつらく、この次の休日までが待ち遠しい方がたくさんいらっしゃることと存じます。  5月病は、この時期にかるい「うつ」の状態になることなのですが、新入生、新入社員、転勤族の方など、4月から新しい環境に変わられた人によくみられる症状です。新しい学校で張り切りすぎて疲れが出てくる時期だったり、希望して入社した会社でも「なんか思ってたのと違う」と会社に不信感を持ったり・・・。

何か月かすれば治ることが多いのですが、やっぱり少し我慢しないといけない人もいると思います。頑張りすぎて、何でも張り切って、いわゆる「イエスマン」と呼ばれる人は、5月病やうつに陥りやすいそうです。頑張ったのにやり遂げられなくて、かえって怒られたり、無理して上司に付き合って疲れが出て仕事を休まないといけなくなったり、それが自己否定につながってしまうようです。

出来ないことは「できません」、上司や先輩に夕食に誘われても、「参加しません」と、自分に無理を加算しない人は、うつ傾向にならないようですので、皆さん、気楽に行きましょう。

私はやりたいことしかやりませんので、うつとは縁遠い人間ですが、さすがに連休を経験すると、休み明けは辛いです。でもそれはただの怠け病…。

薬草茶のワークショップをしました。

薬草茶のワークショップをしました。なかよしやっきょくさんの写真なかよしやっきょくさんの写真なかよしやっきょくさんの写真
温かくなり、雨も降って、そろそろ、お庭や畑の草取りに精を出される季節がやってきたと思います。私も薬局の周りに伸びてくる草を取ろうとするのですが、なかなか進みません。タンポポ、オオバコは薬草になるし、カラスノエンドウも食べられるし、少し前はハコベも持って帰ってお料理したり。スギナやヨモギも薬草・・・。そのように考えると草が生えているところは私にとって畑のようなものです。
さて、写真は、先日てんまや岡山店で行われた薬草茶のワークショップのものです。岡山市の円山というところで、丁寧に暮らす生活を提案する佐野明子さんが開催される、「円山マルシェinてんまや」というイベントの一角で行わせていただきました。私の隣に立っておられるのは美咲町の棚田で薬草になる野草を採取して加工してくださっている後藤さん。それを私がブレンドさせていただいて、「日々の薬草茶」として製造してくださって、ワークショップのお菓子を担当してくださったのが「株式会社いち」の河上さんと木内さん。いち、後藤さん、そして私の3社でワークショップを行いました。いちのからだにやさしいお菓子と、後藤さんが取ってきてくださった山の草花(一輪草、二輪草、萱草など)もテーブルに飾られてとても華やかで優しい雰囲気の中、野草の話を色々とさせていただきました。
薬草になる野草は、その薬効もいろいろと知られていますが、それ以前に、野草には現代の人々に足りないミネラルやビタミンが豊富に含まれていて、それが体に良いのですよと話させていただきました。
飽食の時代と言われていますが、大量生産されるたくさんの食べ物をいくら食べても、それらに必要な栄養素が含まれていなければ、ヒトは健康にはなりません。
強い生命力で大地から栄養を吸い取って成長する野草。そのまま食べられるものは食べていただいてもいいですし、お茶にできるものはお茶にして日々口にしていただくだけで、体の悪いものが外に出て、動きにくかったところが良く動くようになり、組み合わせで体を温めてくれたりと、いいことが沢山あります。
なかよし薬局では「日々の薬草茶」各種約1か月分750円(税込み)で販売していますので、一度お試しくださいね。

黄砂の季節

なかよしやっきょくさんの写真

春の到来を告げる桜も散って、地面に桜の花びらや桜のがくが落下しています。二日ほど前に雨が降って、その時に聞こえてきたカエルの声…。気温が高い状態が続いていて、雨が降ったので冬眠から目覚めたカエルが出てきていたようです。
地面に落ちた桜の花びらの上をぴょんぴょん跳ねる小さなアマガエルを見つけたので、追いかけてみました。まだ動きが鈍くて、簡単に写真が取れました。かわいいですね。
さて、春と言えば黄砂ですね。昨日、空がかすんでいたのに気が付いた方もいらっしゃるかもしれませんが、黄砂が大陸からやってきていました。黄砂はゴビ砂漠やタクラマカン砂漠などから砂が舞い上がり、風に乗って飛んできます。砂塵が起きやすい土壌の状態や風の条件が春に整いやすいので、黄砂は春に飛んでくるのだそうです。特に西日本では、昨日(18日)はのどが痛くなった方が多かったのではないでしょうか。
日本は発生地からかなり距離がありますので砂塵の粒は小さいのですが、モンゴル、中国、韓国ではかなり大きな粒が飛ぶので視界の悪化や堆積物の問題が大きく、経済活動にも影響を与えます。
健康上の問題も含め、いつも悪者にされている黄砂ですが、実は黄砂にはミネラルも含まれているらしく、土壌を肥やす効果があるそうです。また、海に黄砂が落ちるとプランクトンの生育などにも寄与するそうです。なので、これが無くなってしまうと、環境への影響が心配になってしまいます。
また、黄砂が激しく世の中が黄色くかすんだ風景は、古代中国の漢詩にうたわれたり、風景画に取り入れられたり、芸術文化に寄与していることもあります。
とはいえ、やはりこちらは薬局でございますので、健康上の問題についてお話しします。やはり黄砂の発生と呼吸器・循環器疾患、喘息、アレルギーは相関関係があると言われています。花粉と飛んでいる時期が重なりますが、ダブルで吸入するとアレルギー症状が悪化するともいわれています。
花粉症がある方、黄砂に敏感な方は、マスクや眼鏡で対応ですね。いい季節ですが、完全防備で頑張りましょう!

痛風にまつわるエトセトラ

昨日は「花散らし」の雨が降りましたね。しかし開花が遅かった薬局前の桜はまだ健在です。今日は青空の下で元気に咲き誇っています。

春らしいお天気で、下を通るときに落ちてくる花びらを堪能しています。

さて、タイトルにあります「痛風」という病気をご存知でしょうか。痛風は、風が吹いただけで痛むという意味で、激痛を伴う生活習慣病の一つです。

昔は「ぜいたく病」と言われていました。お肉や魚などの食べ過ぎで起きることがあるからです。でも現代は食が豊かですから、ぜいたくしてなくても痛風になります。特に宴会シーズンの今、発作が出るかたが増えるのではないでしょうか?

痛風の原因になるのは、血液の中に増えてくる尿酸。尿酸が増えると関節(特に足の親指)に結晶化し、激痛を引き起こします。尿酸はどこからやってくるかというと、お肉などに含まれる「プリン体」と呼ばれるものです。

「お酒を控えましょう」と伝えると、「お酒(日本酒)は飲まん。焼酎にしとる。大丈夫じゃろ?」と言われる方がいらっしゃいます。また、近頃見かける「プリン体0」のアルコール飲料がありますね。アルコールそのものが尿酸を体にため込みますので、残念ながら、どのアルコール類も飲んだら尿酸値が上がります。「アルコール0」の飲料がおすすめです。

また、プリン体を多く含む食べ物は、お肉の中でも特にレバー類、次にハツ、そして、ささみ、の順です。尿酸値が高い方は、こういった食べ物を控えるようにしましょう。

そして、尿をアルカリ化して尿酸の排泄を促す食品は、ヒジキ・わかめ・昆布などの海藻類、次にしいたけ、大豆、さやいんげん、ホウレンソウ、ゴボウ・・・と続きます。尿をアルカリ化する食品として、野菜が多いですが、野菜といえどもジャガイモ、グレープフルーツなどは意外と効果がありません。

体を酸性にしてしまって、尿酸を体にため込む食品は、卵、豚肉、牛肉などです。

尿酸値を低く保って、痛い思いをしないで済むように頑張りましょうね。