熱中症と鼻かぜ

なかよしやっきょくさんの写真朝少し涼しくなってきたと思いきや、すごい湿気で蒸し暑い日が続いていますね。こんな天気で元気なのは夏野菜の苗。なかよし薬局の西側のグリーンカーテン、ゴーヤの苗はとても元気で、写真のようなゴーヤの実をこのところ毎日収穫させてくれます。何週間か前、「雌花が咲かない」と言っていたのですが、苗がある程度の大きさにならないと咲かなかったのですね。知らないうちに奥の方で開花して、たくさんの実りを与えてくれています。スタッフと分け合って美味しくいただいています。
さて、今日はなんだか鼻かぜの患者様が多いので、タイトルに書かせていただきました。熱は微熱程度で、熱中症かなと思っていたら鼻水が出てきた。ということで受診される方が多いように思います。

鼻水をとめる漢方薬、咳が出る人には咳を和らげる薬が、頭痛がひどい人には頭痛薬が処方されることが多いです。

熱中症の場合も、熱が出ることがありますし、頭痛や吐き気を伴うことがありますが、やはり風邪を引いても熱が出たり頭痛したりします。どうも今日お越しの患者様はどちらもミックスされているような感じで、水分と塩分をしっかりとって休んでくださいというアドバイスをさせていただきます。血圧の高い方には、塩分とは言わずに、ミネラルを取ってくださいと申します。塩でも海の水からとったもの、カリウムを多く含むものを使うようにしてください。塩に含まれるナトリウムを、カリウムというミネラルが外に出してくれますので、血圧が上がりにくい塩になります。

熱中症で体力が低下していると風邪のウイルスも感染しやすいので、暑さがかなり長引いた今頃に、風邪が流行ってくるのでしょうね。暑いだけで体力を消耗しますからね。

エアコンで体が冷えすぎることも良くないでしょう。夜は暑いのですが、できるだけエアコンの温度は高めに、もしくは窓を開けて寝られるところでしたら開けて、扇風機の風も直接当たらないように、上手に使用しながらきっちり休むようにしてくださいね。

お盆休み、不安ですか?

なかよしやっきょくさんの写真

 台風一過でしたね。現在、台風5号は温帯低気圧となり、まだ東北の方で停滞しているようですが、被害にあわれた皆様にはお見舞い申し上げます。台風が上陸する前は、岡山は直撃ルートだったのですが、結局東にそれていき、降雨量も風も恐れていたほどではなかった、晴れの国岡山です。写真は台風が過ぎた後に見えた太陽光です。まだ水滴の残る車のサイドミラーに、きれいに映りましたので、写真を撮りました。
なかよし薬局は11日よりお盆休みに入ります。16日から通常営業します。大きな病院は変わりなくお盆も診療を続けておられるのですが、個人の病院は、お盆はお休みなるところが多いと思います。
「5日も休むの?その間に体調悪くなったらどうするの?」と尋ねられることが多いのですが、そうですよね、そういわれたらこちらも心配になります。
いつもの薬は早目にもらうなどの対応ができるのですが、急な体調不良やけがなどは心配になることが多いと思います。心配だと思うとますます調子が悪くなる人もいるでしょう。
調子が悪い時、この程度なら休み明けまで待ってから病院に行くべきなのか、救急車を呼ぶべきなのか、本人では判断できかねるときがあります。そんな時に相談できる人が居るといいですね。
家族が居たら家族に相談できますし、かかりつけ薬剤師をお持ちの方は連絡先を持っているので連絡がつくでしょう。かかりつけのお医者さんも電話で連絡がつくときもあると思います。たまに私のところにもお電話いただくのですが、どうしても処方せんの薬が欲しいと言われると…? なかよし薬局の地区では輪番と言って、交代で休みの日に開けている病院があります。そちらにまずかかっていただくようにお知らせして、お薬をお渡しできるようにします。私が遠方にいて対応できないときは開いている薬局をお知らせするようにしています。
お盆は家族が集まったり、お墓参りに行ったり、普段と違うことをしますので、いつもと違う体調不良が起きることがあります。十分気を付けてお過ごしください♪

気圧の変化と体調不良

なかよしやっきょくさんの写真 毎日暑いですが、朝は窓を開けているとなんとなく涼しい風が通り抜けていく日が続いています。日中は日差しが強くて暑いのですが、朝夕涼しくなったのは秋が近づいているからなのでしょうか?
昨日の朝、涼しいからと、自転車で出勤すると、汗だくになりましたが、やはり車で出勤するのとは楽しさが全然違いました。川には魚がたくさんいて、それを狙って鳥がたくさん集まっています。写真はアオサギとシラサギが並んで川のほうを眺めていたので面白いなと思って撮影したものです。ほかにも川鵜がたくさんいます。昨日の朝は水が濁っていて魚を探すのは大変そうでした。
さて、台風が近づいてきています。台風と言えば熱帯低気圧なのですが、皆様は低気圧で体調が変わったりしませんか?私は薬草のお茶を飲む習慣を取り入れる前は毎回台風の時に頭痛に悩まされていたのですが、ほかにも、古傷が痛む、首や肩の凝り、喘息、神経痛・・・などいろいろと気圧の影響で出てくる事があります
基本的に気圧が下がるときにそういった症状が出てくるのですが、気圧が上昇するときにも痛みが出ることがあることがわかってきました。
ヒトの体の気圧センサーは、鼓膜の内側にある「内耳」に存在するそうです。そこが敏感すぎると、自律神経を過剰に刺激してしまって、体調不良が起こるのではないかと最近言われるようになってきました。
また、気圧そのものが体に影響することは前から言われています。気圧は大気が体全体に押している圧力ともとらえられるのですが、低気圧の時はそれが弱くなります。ということは人の体が、見えない程度ですが膨張します。体が膨張すると血流やリンパの流れが若干低下します。それが、頭痛や肩こり、むくみや痛みなどに通じているのではないかと考えられています。
血行やリンパの流れが悪くなっているわけですから、こんな時は運動やストレッチやマッサージが有効と考えられています。体全体を伸ばしたり縮めたり、マッサージでリンパの流れをお手伝いしたり、そういったことで低気圧の際の体調不良が改善されることがありますので、悩んでいる人はぜひやってみてくださいね。

おススメしない飲み物特集

なかよしやっきょくさんの写真

暑くて湿気の多い日が続いています。熱中症の患者様がとても多いです。皆様お元気でお過ごしでしょうか。

薬局のグリーンカーテンがだいぶ育ってまいりました。毎年待合室側の窓には朝顔を、裏のスタッフルームの窓にはゴーヤを植えて朝日と西日の太陽光をさえぎってもらっています。今年は夕顔も植えてみました。まだが咲いてきませんが、夕方も楽しめる日が来るのを楽しみに待っています。裏のゴーヤも育っているのですが、不思議なことに雄花しか咲きません。土の栄養が足りないのでしょうか…。雌花の咲かせ方、わかる方、また教えてくださいませ。

さて、冒頭にお知らせいたしましたが、熱中症になる人が多いです。水分をよく摂っても脱水症をおこすことがあるのですが、いい水分と悪い水分があるのは、ご存知でしょうか。今日はあまりこの時期お勧めしない水分をお知らせします。

よく言われるのがコーヒーです。カフェインを含んでいるので、飲んでもすぐに尿となって水分が出て行ってしまいます。カフェインを含む飲み物は全般的にお勧めしません。ほかに、緑茶、煎茶、紅茶、ウーロン茶があります。一般的な野草茶や麦茶はカフェインを含みませんので、安心してお飲みくださいね。

それから、アルコール。夜、仕事の後にクーっと飲むビール、おいしいですよね。アルコールも利尿作用があったり、結局発汗して水分を飛ばしてしまったりしますので、喉の渇きが癒えたつもりでも逆に脱水症を起こします。酔っぱらってそのまま寝てしまうと、夜中や次の日の朝、熱中症の症状にさいなまれることが・・・。その頭痛、ただの二日酔いではないかもしれませんよ。

カフェインやアルコールを含む水分を摂った時、必ず同じ量の水を飲みましょうと言われます。飲み物のせいで熱中症になるなんて、本末転倒ですね。

真水ばかり飲むのもミネラル不足になり、熱中症になりますので、気を付けてください。適度な塩分は、こんなに汗をかく季節、必ず必要です。運動する人はスポーツドリンクでもいいですし、運動しない人も梅干しやおみそ汁などを適度に摂るようにしてくださいね。

怪我の患者様が多いです

なかよしやっきょくさんの写真

前の日曜に、念願の海水浴に行くことができまして、写真はその時に魚の群れを撮影したものです。スマートフォンで撮った写真なのですが、防水ケースに入れて、首から下げて水に入って撮影した割に綺麗に撮ることができました。日本海まで行くと、岩場の周りが楽しいですね。魚やイソギンチャクやウニがたくさんいて、見ているだけで楽しむことができました。

水の中にいるときはとても気持ちがいいのですが、何せ気温が体温に近いくらいの毎日が続いているので、うだるような暑さで疲れが取れません。

みなさまもおそらくそうだと思います。何をするにしても注意力が散漫になりがちなので、このところ、怪我をしてお越しの方が多いです。理由はいろいろで、手元がくるってしまったり、転んでしまったり、何かで手を挟んでしまったり。

いつもなら簡単にできたことができなくなってしまっていることがあります。大けがにならなければいいのですが、本当に暑いと体力がどんどん奪われてしまうので疲れやすくなり、夜もあまり眠れなければ日中眠くなってしまったり、集中力が続かなかったり、けがをするための精神的な要素が蓄積してきます。

なので、暑い時はいつも以上に気を張って、日中の仕事に臨むようにしましょう。また、お昼眠くなったら15分ほどお昼寝をされることをお勧めします。30分以上の長い昼寝は逆に疲れを出してしまうことがあるので、あまりお勧めしません。

暑い時にけがをしてしまうと、細菌が繁殖しやすく、傷口が化膿することもあります。けがで病院に行くと往々にして抗生物質(化膿止め)を出されるので、服薬してけがの治りが遅くならないように努めましょう。

夏の便秘と中性脂肪の増加

なかよしやっきょくさんの写真

写真はなかよし薬局の隣の病院にある、立派なノウゼンカズラです。毎年オレンジの大きな花を咲かせてくれています。熱帯を思わせる、夏らしい鮮やかな花は、暑い時に眺めると大変似つかわしく、暑さで疲れた私を癒してくれます。花がそのままぽろぽろ落ちている姿もとてもきれいです。

さて、暑くなってくると増えてくるのが、不思議と便秘の薬です。温かいからお腹の動きもいいはずなのですが、体から水分が抜け落ちて、便からも水分が奪われると便が固くなって便秘になることがあります。それで、便秘薬が追加される方が多いのではないかと思うのですが、ここで気を付けたいのは「酸化マグネシウム」というお薬です。比較的、優しい便秘のお薬で、便の中に水を引き込むため、便が柔らかくなって、力まなくても便が出やすくなるお薬です。しかし、体の水分が減っているときに、酸化マグネシウムが追加されてしまいますと、心配になるのが副作用です。血液中のマグネシウムの濃度が高くなってしまうと、高マグネシウム血症というものを引き起こします。それは、吐き気、めまい、立ちくらみを起こしたり、脈が遅くなったり、眠くなったり、体がだるくなったりという症状を伴い、あまり放っておくと意識がもうろうとしてしまうことがあります。特に高齢の方は心配です。

便が固くなったら、まずは水分不足を疑っていただいて、酸化マグネシウムが出されたら、しっかり水分を摂って服薬するようにしてくださいね。

また、6月から検査が始まり、中性脂肪が増加する人が増えてきました。夏は気温が高くて、体が体温を上げるために燃焼しなくても済むので、基礎代謝が10%ほど落ちます。それに加え、食べやすい麺やパン類など、すぐに脂肪に変わる食べ物が欲しくなります。その結果中性脂肪が増えてしまいます。さらに水分不足で血液がドロドロになってしまいますので、食べ過ぎないよう、水分を摂るように気を付けてください。中性脂肪だけでなく、体重ももちろん増えやすくなります。「夏太り」は「冬太り」より起こりやすいですよ。

アイスクリームの摂りすぎ、甘い飲み物の摂りすぎ、小麦粉製品の摂りすぎ、水分や野菜やたんぱく質の不足には、十分気を付けましょう。

 

雨でも熱中症

なかよしやっきょくさんの写真

今は大雨が降っている薬局周辺ですが、写真は先日患者さんのおうちに歩いて配達に行く途中に見かけた可愛い花です。調べてみると、「コマツナギ」というそうです。草のように見えるけど、実は木で、馬をつないでも大丈夫なくらい丈夫なことからそのような名前が付いたそうです。そんな丈夫さとは裏腹の可愛い花が、山の道路わきにひょっこり顔を出して咲いていました。春夏秋と、どこを見ても花が咲いていて、嬉しい季節です。
台風が去っても雨が続いていますが、植物にとっては恵みの雨なのかもしれませんね。台風が過ぎると少し涼しくなりましたが、それでも湿度が高いので少し動くととても暑くなります。
湿気が多いと汗をかいてもなかなか蒸発してくれません。汗はそもそも皮膚から蒸発することで「気化熱」として体から熱を奪っていくためのものです。でも蒸発できなければ体の熱を持って出ることができません。でも体温が下がっていませんので、汗はどんどん出てきます。体の水分やミネラルはどんどん失われていきます。
さらに、この時期は体が暑さに慣れてないということもあって、梅雨の時期からどんどん熱中症の患者さんは増えてきます。水分とミネラル(特に、海藻や果物、豆類に含まれるもの)をしっかりとるようにしてください。
同じように、プールの中で熱中症になる人も多いです。汗はいっぱいかいているのですが、水の中にいるとその自覚がないため、水分補給を怠ることが多いそうです。なので、学校などで集団で熱中症にかかることや、死亡事故につながることもあるようです。
お茶はカフェインを含まないお茶をお選びください。なかよし薬局の野草のお茶もおすすめです。野草にはミネラルが豊富に含まれているので、お茶を飲むだけで水分とミネラルが両方摂取できます。コーヒー、紅茶、緑茶はカフェインが入っているので、夏の水分補給にはおすすめいたしません。
知らないうちに体はどんどん水分とミネラルを失っているので、十分気を付けてこまめな水分補給を心がけてくださいね

交通事故に気を付けて

なかよしやっきょくさんの写真写真はヒメジョオンです。今はどこでもよく咲いていますね。今頃は白くて菊のような小さな花がいろんなところで見られます。だいたい雑草として捨てられてしまうのですが、たまに空き地などで群生しているのを見るとかわいいなと思って見入ってしまいます。これも外来種なのですが、1865年ごろに観葉植物として輸入されて明治時代には雑草になっていたそうです。意外と昔から生えていたのですね。

国立公園などでは希少な植物の生育を阻害してしまうため要注意外来生物として扱われているそうです。嫌われない程度に生育してくれるといいなと思います。

 

タイトルの「交通事故」ですが、最近事故車両や、反対車線を走るなどのとても危ない運転を見かけることが多いような気がしたので、今回のテーマにしています。

暑くなってくると「居眠り」による事故が増えてまいります。暑いと夜にゆっくり休めないために、お昼眠くなり、居眠りの事故が増えます。死亡事故は夜間が多いそうなのですが、暑い日は午後の時間帯も、信号待ちの間に眠ってしまったドライバーが信号が青になっても発車できずにいるのを何度か見たことがあります。

熱帯夜などに眠れないのは、体が温められて、体温が高いと交感神経が優位に働いてしまい、興奮状態になってしまうため、と言われています。

しっかり首筋や脇など太い動脈が体表面を通っているところを冷やして体温を下げるようにしてください。涼しくするとよく眠れると思います。

また、体温とは関係なく、この時期は小学生の事故も多いと言われています。なぜでしょうか。入学してからちょうど通学に慣れが生じてきて、少しおふざけが出てくる時期なのだそうです。そういえば、小学生が「学校ではやっているから」という理由で車の前に飛び出してくる、という事件がありましたね。「車は子どもをはねない」という信用があるのかもしれませんが、こちらはそうはいきません。

一瞬でも周りを見ていなければ、大惨事になりかねませんので、眠い時は車を停められるところで少し仮眠、もしくはコーヒーなどで眠気覚ましを。

事故にならないように気を付けてくださいね。

植物の精油の話

 なかよしやっきょくさんの写真昨夜からようやく梅雨らしくなり、じめじめした季節になりました。
写真はそんな季節に清涼感を与えてくれるペパーミントの花です。私が車を停めている駐車場に群生していて、今は一斉に開花し、いい香りを漂わせてくれています。よくケーキなどに飾ってあるミントの葉ですが、あまりお花は見ることないですよね。白くて、見た目にも涼しげな花です。
せっかくですので、今日は精油の話をしようと思います。ペパーミントは、「ハッカ」と言いますよね。「ハッカ」はお口に入れたらスースーします。口の中が冷たくなった気分になりませんか?これはハッカの精油に含まれる「メントール」という成分の仕業です。
メントールは、冷たい湿布にも含まれているのをご存知ですか?いわゆる湿布の匂い。湿布を貼るとすごく冷たく感じますよね。でも実際の温度は下がってないのです。なぜ冷たく感じるのかというと、体の表面にある冷たく感じる神経を興奮させる受容体を元気にするからなのです。なので、実際温度を下げなくても、脳は「冷やされた」と思うんですね。
その逆で、トウガラシの精油成分「カプサイシン」を含む湿布は温湿布として使用されます。ぽかぽかしてくるのは、カプサイシンが温かいと感じる受容体を刺激するからなのです。それで血流も良くなって、温かくなります。そのままお風呂に入ってしまうと、熱く感じてひりひりすることがありますので、温湿布はお風呂の前は早目にはがしてくださいね。
ほかに、ラベンダーやカモミールの精油成分は、脳の中にあるGABA(γ―アミノ酪酸)の受容体を元気にします。GABA受容体はリラックスしたり、眠りを誘発する神経ですので、イライラしたときや、あまりたくさん眠れない方は、このアロマをお部屋で炊いて、お休みされるととても良いと思われます。
受容体に関連しなくても、ユーカリやティーツリーの精油には殺菌効果があり、風邪ひき予防に最適です。このように、植物の精油(アロマオイル)もいろんな効果がありますので、ぜひお試しくださいね。

検査の季節

なかよしやっきょくさんの写真

梅雨に入ったのに一向にまとまった雨が得られない岡山市内ですが、田植えは順調に進んでいるようです。私が大好きな田植えの季節。もちろん、見ているだけだからそのように思えるのですが、田植えを終えたばかりの田んぼは、鏡のように空や山を映し、整然と並んだ苗が本当に美しいですよね。

雨がまだ少なくて、農家の皆さん、田んぼに水を引いたり、畑の水やりをしないといけなかったり、大変ですが、熱中症に気を付けて、体を壊さないように頑張ってくださいね。

さて、6月1日から岡山市の検査が始まり、近隣の病院にも検査の方が沢山お越しになっています。検査結果に一喜一憂する時期が始まりました。また、お隣の病院では胃カメラができるので、胃カメラの後、麻酔が切れきっていない状態の患者様が楽しいお話をして帰ってくださいます。「お金、払ったかな?」と何度も確認されたり、質問の内容や薬の説明を理解するのに時間がかかったり。胃カメラでは、喉に異物が入ってきた時に吐き出そうとする反射を抑えるために軽く麻酔を行うことが多いようです。それで眠ってしまう人、全く効かない人、いつまでも麻酔が切れずにぼんやりしている人、色んな人が居るようですね。

検尿、検便もいろいろ事情で出にくい人は、水分摂取に薬局にお越しになります。コーヒーやお茶を置いているので、飲んでいって、それで何とか対応されたり、それでも結局後日になったり。

血液検査で採血するにしても、人によっては何回もあちこち針を刺さないといけなくなって…

健診1つ終わらせるのもなかなか大変です。

でも、これで薬が減る人だっているんです。検査をしたら基本的に薬が増える、と思って恐れている人が多いですが、血液がきれいになっていたら、もう飲まなくてよくなる薬だってあります。前向きに、正しい食事、適度な運動!そして何より明るい笑顔が皆さんの体を元気にしますので、ご家族や周りの人と毎日楽しく笑ってお過ごしくださいね。